夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

「【MLB】誤審を防ぐ、主審のロボット化?」そのうち審判には全員ロボットが……という時代も

★【MLB】誤審を防ぐ、主審のロボット化? コミッショナーは将来的な導入には否定せず***ベースボールチャンネル 4/21(金) 11:22配信
https://www.baseballchannel.jp/mlb/31407/
WBC2017の準決勝を視ていて感じたのは、少しでも怪しい判定には、ビデオでの検証を要求
ビデオ検証で覆る判定も結構あったという印象だった
その都度、試合がストップしてしまうのは少し興醒めだけれども
それだけ審判の判定は微妙な一瞬の判断、それだけ疑わしさがあるということ
もっともビデオ検証の多いのはランナーがセーフかアウトかという微妙なもの
主審の判定も本塁でのセーフかアウトかが問題となっていたけど
記事にあるファウルチップか空振りかでもめたのはWBC2017ではなかった。
個人的には、今の技術があったならば、
ストライクとボールの判定は機械にもできるのではないか、と感じていた。
ファウルチップか空振りかとか、本当に当たった死球なのかと゜うかなど、
色んな微妙な対応までこなすにはまだまだなのだろうけど…
ビデオ検証で一番多かったのは、ランナーの足が早かったのかボールがミットに届いたのか早かったのか
色々な事を技術的にクリアしたならば、審判無用の時代がそのうち来るのかもという気がする。
主審による微妙なストライクゾーンの違いとか
微妙なことによって発生する誤審とオサラバする時代がやがて…
WBC2017のように何度もビデオ検証で途切れる展開よりは、ロボット判定もマシかなと思わせる記事でした。
でもロボット(パソコン)の判定で試合がより面白くなるとは思えないが
パソコンの判定をパフォーマンスで伝える審判芸人という時代が来るかも知れない。
パソコン判定を面白く伝える動きの芸人の誕生で~す。
そんなロボット審判をパフォーマンスで表現する芸人が脚光を浴びるSFスポーツ小説は既にあるのかも

そのうち相撲にロボット行司が登場しても不思議ではない、
相撲の場合、行司に力は無く最終的に判断するのは審判団だけど…

その点、柔道のロボット化は、まだまだずっと先の話
スポンサーサイト

イチロー凱旋弾に米地元テレビ局は“43秒の沈黙”という粋な計らいで感動を伝えた

★“43秒の沈黙”が生んだ感動 イチロー凱旋弾に米実況&解説が粋な計らい***Full-Count 2017.04.21
https://full-count.jp/2017/04/21/post65769/
「その一戦を中継した地元テレビ局はその感動を伝えるために、実況と解説が約43秒間沈黙するという粋な計らいを見せた。」
「ソロ弾の瞬間、実況のウォルツ氏も「イチローがライトに打った。深い。これは…入った! 彼がかっ飛ばした! イチローがホーマーだ!」と絶叫。しかし、テンションの高いマシンガントークで有名な同氏と、ホランズワース氏はイチローが二塁を回ったあたりで突然、沈黙した。」
「その間、実況と解説は一切、言葉を挟まなかった。異例の43秒間の沈黙とともにその情景を克明に映し出すことで、イチローの凱旋弾という最上級の“ドラマ”はさらなる感動を呼んだ。」

こういった突発の計らいって、現場のディレクターが指示するのでしようかねー
「実況も解説もコメントするのは少し休もう、観客と一緒に感動に浸ろうではないか」
「その分、カメラマンたちは色んな映像をしっかり撮ってくれッ」
ディレクターは中継室で複数カメラの映像を切り換えて繋いでいる…

ソフトバンク川崎宗則選手のワクワクさせる話、定位置なんて必要ない「日本のベン・ゾブリスト」

★定位置なんて必要ない!川崎宗則が追求する「日本のベン・ゾブリスト」***Yahoo!ニュース(独自ニュース)4/18(火) 16:22
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20170418-00070048/
「ここまで川崎選手は2軍戦で、遊撃、二塁、三塁、左翼を守り、そつない守備を披露している。」
「そんなゾブリスト選手だが、彼はメジャー定着以降、守備で“定位置”を与えられてこなかった。元々遊撃手だったのだが、毎シーズン複数ポジションをこなし続けている選手なのだ。例えば昨年のカブスでも二塁、左翼、右翼、一塁、遊撃のポジションを守っている。にも関わらず2009年以降レギュラー選手として毎年150試合前後(2015年だけトレードもあり126試合)に出場し続けている。 」
ワクワクさせる話ですねー
捕手とサード以外は大丈夫で打撃もとなったら……面白い

またキナ臭い話、寄付金控除で「高市総務相、資金往復で還付金」

★高市総務相、資金往復で還付金受け取る***毎日放送 3/22(水) 19:17配信
http://www.mbs.jp/news/kansai/20170322/00000042.shtml
「高市早苗総務大臣が、自身と政党支部の間で資金を往復させることで、寄付金控除の還付金約300万円を受け取っていたことがわかれました。」
「自身が代表を務める自民党奈良県第2選挙区支部から1220万円の寄付を受けた後、逆に1000万円をこの支部に寄付しました。そして、翌年の確定申告で寄付金控除を申請し、還付金約300万円を受け取っていたということです。」
法的に問題が無い、というレベルの問題じゃない。
制度上、問題は無いとしても、制度が想定しない仕組みの盲点を利用して、
確定申告で寄付金控除を申請し、還付金を受け取ったというのは、大臣のやることじゃない。
本人は一人しか居ないのだが、別の人格の双子が居たような感じかな…
国会議員(議員事務所)と政治団体の支部代表とは、別人と見なすのだろうか!?

これは単なる氷山の一角であって、
似たような手法が、永田町の界隈では、ごく普通のことなのかも知れない。
国民としては、今回偶々垣間見したのだろうか。
誰か、新国会議員になったらまずやるべき事、という政党を超えたアンチョコを披露してよー!!
返り咲きの望みの無い元議員さん
友だちなんか要らない孤高の現議員さん
暴露して開陳してチョーダイ
話題の爆弾男(爆弾女)には成れまっせー!!

★「第2の森友疑惑」キナ臭い岡山理科大獣医学部の新設(今治市へ誘致)/《3/14》この記事はseesaaブログに移転

「森友学園」事件では、補助金などによって学校運営って結構旨みのある商売らしいと臭ってきましたが、「第2の森友疑惑」の報道が…
★第2の森友疑惑 安倍首相“お友達”大学に公有地36億円を無償譲渡- 週刊朝日更新 2017/3/ 6 16:00(※週刊朝日  2017年3月17日号より抜粋)
https://dot.asahi.com/wa/2017030600021.html
「今治市内の土地を、新設される岡山理科大獣医学部の用地として無償で譲渡するというもの。広さ16.8ヘクタール、約36億7500万円相当の広大な土地をタダであげ、さらに23年までの学校の総事業費192億円のうち、半分の96億円を市の補助金で負担するという。まさに至れり尽くせりの厚待遇である。」
「長年の膠着状態が急変するのは第2次安倍政権の誕生以後だ。16年11月、安倍首相が議長を務める国家戦略特区諮問会議が「広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限り」獣医学部の新設を認めるとの決定を行い、翌17年1月には岡山理科大獣医学部の今治市への誘致がトントン拍子で決定したのだ。」
政府が特区で獣医学部を設置する事業者を募集したのは17年1月4~11日のたった8日間で、応募したのは加計学園のみ。まるで加計学園のための制度改正だったようにも見える。」
今治市選出の愛媛県議・福田剛氏(民進党)「10年も動かなかった話が突然、戦略特区に決まって、来年4月にはもう開校予定だという。あまりに拙速で腑に落ちませんし、政治の力が動いたのかな、とも感じます。」

「森友学園」の小学校以上に、キナ臭い話です。
岡山理科大獣医学部も国会の質問に登場しそうな雰囲気


★(論説)獣医師の近未来--日本獣医師会
境政人(農林水産省消費・安全局蓄水産安全管理課長)
http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06104/06_1.htm
旧い論説のようですが、これによると
「今後,産業動物診療獣医師や公務員獣医師は不足する傾向にある」と。

↓上の論説にある「農林水産省では,今後30年程度の中長期的な獣医師の需給見通しについて検討を行い,昨年5月末にその結果を公表した.」↓
★獣医師の需給に関する検討会報告書(平成19年5月)-農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/study/other/jui_jukyu/pdf/report.pdf

★今後における獣医師需給と農林水産省の獣医師の需給に関する検討会報告書の公表-日本獣医師会
http://nichiju.lin.gr.jp/report/190605-1.pdf
------------------------------------------------
《3/14》このページの記事はseesaaブログに移転
★★「第2の森友疑惑」キナ臭い岡山理科大獣医学部の新設(今治市へ誘致)/《追記3/14》続報は赤旗、発端ニュースは朝日-2017年03月14日
http://yumenoya.seesaa.net/article/447893387.html
次のページ

FC2Ad