夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

「マウスの性格、人懐こく変化 12世代交配で誕生」、近未来SFの管理社会のよう(イヌ派、ネコ派)《追記7/19》イヌとネコのDNA研究

近未来SFの管理社会を描いたのSF小説の設定のようで面白い。
狼は狩りの友として人間に馴染みイヌになった。人間は命令するボス。
ヤマネコは穀物倉庫をネズミから守るために飼われるようになったけど、羨ましいようなねこの気ままな生活。
この実験のマウスは、イヌ派、ネコ派のどちらなの??
遺伝子的なイヌ派とネコ派との違い研究はあるのだろうか。
牛、豚(イノシシの改良)、山羊、羊の家畜動物の遺伝子って????
牧畜犬が人間管理の手伝いをしているから、蹄系より知能的に優っていそう。
集団で狩りをするオオカミ系の食肉派が連鎖では上位
今回のマウスは愛玩派、それとも食肉用の家畜派??
寝酒を呑みながらこんな連想をしています。
★マウスの性格、人懐こく変化 12世代交配で誕生***朝日新聞デジタル2017年7月4日18時57分
http://digital.asahi.com/articles/ASK736JK3K73ULBJ00Z.html
「研究チームは、このマウス群のゲノム(全遺伝情報)を単純に交配を重ねたマウス群と比べたところ、人懐こさに関連しそうな遺伝子が見つかった。この遺伝子はイヌでも見つかったという。
 小出准教授は「野生動物の多くが家畜化できない理由を今後、明らかにできるかもしれない」と話している。」
--------------------------------------------------------------------
《追記7/19》イヌとネコのDNA研究
★現代のイヌ、4万年前の単一起源か DNA研究***AFPBB News2017年07月19日 12:34
http://www.afpbb.com/articles/-/3136226
★ネコ家畜化、新石器時代に拡大か DNA研究***AFPBB News2017年06月20日 17:17
http://www.afpbb.com/articles/-/3132755
スポンサーサイト

記念碑「信濃路はるか 肢体不自由児学童疎開の地」、戦時中の肢体不自由児の疎開(上山田村(現千曲市)の上山田ホテル)

★戦時中、多くの肢体不自由児を守った決断 長野で「疎開」に感謝する記念碑***THE PAGE 2017.05.28 15:00
https://thepage.jp/detail/20170526-00000008-wordleaf
「太平洋戦争のさなか、疎開先探しに困った東京の養護学校を児童、職員ぐるみで受け入れたホテルが長野県にあります。」
「長野に何とか疎開を果たしたのは当時の東京市立光明(こうめい)学校。1932(昭和7)年に全国で初めて肢体不自由児のための寮舎、医療施設を設けた養護学校として東京・世田谷区松原に開校しました。空襲が次第に激しくなり、1944(昭和19)年には東京などの学童疎開が始まったため、光明学校も対策を急いでいました。」
「松本校長は疎開先になりそうな各地を当たりましたが、医務室、リハビリ室などの設備のほか、60人余の児童と職員を合わせ150人ほどの規模になる疎開を受け入れるところはなかなかありません。」
「しかし、疎開の受け入れによってホテルは営業中止になり、従業員の生活にも響くなど難問だらけ。それでも子どもたちのためにと従業員らが理解を示し、疎開が実現することになった――と太田氏は記しています。」
続きは上のページで

◎葛飾北斎の西洋風肉筆画6枚の謎(署名や落款の無い経緯) (画像6枚)、松本清張の歴史小説のような

★北斎、検閲避け名入れず? 作者不明だった西洋風画の謎 シーボルト収集品目録と一致***西日本新聞2017年05月19日14時08分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/329497/
「オランダのライデン国立民族学博物館に所蔵され、長く作者不明だった6枚の絵が江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎(1760~1849)による西洋風肉筆画だったことが、昨年判明した。」
これらの作品が作者不明だった最大の理由は、署名や落款(印鑑)がなかったことにある。1820~29年に出島商館員を務めたフィッセルが当時の日本の習わしやしきたりなどについて書いた著書「日本風俗備考」で、オランダ人は1人の「画匠(がしょう)」を通してでしか絵画を得られない不文律を批判的に記している。」
「一方で、何でも細かく記録したシーボルトの性格が、謎の解明に役立った。ドイツに保存されていた絵画コレクションの自筆目録の中に「88~93 江戸と江戸近郊の図6枚、幕府御用絵師北斎による西洋風に描かれた風景画」との記述が見つかり、作者不明となっていた絵画6枚の特徴と一致した。」

↑西日本新聞のネット記事では画像6枚が確認できます

《昨年の記事》
★作者不明とされてきた6枚 北斎の西洋風肉筆画 オランダの博物館で判明***西日本新聞2016年10月22日 17時32分
https://www.nishinippon.co.jp/feature/attention/article/291661/

最近、昔(学生時代に)読んだ松本清張の短編作品をまた読んでいる。
内容はすっかり忘れていたけと゜、「或る「小倉日記伝」」などの歴史小説が面白く、
こんなにワクワクする小説だったのかと驚いた。
松本清張の歴史小説のような推理ドラマ、そんな「葛飾北斎の西洋風肉筆画」のエキス記事です。

◎田中将大くん圧巻、97球で3安打無四球完封、YouTube動画(投球全球)へリンク

最下段のイニング速報を確認してから、
ネット動画配信サイト「スポナビライブ」で
「4/28 田中将大(ヤンキース)~日本人選手ハイライト~」を視ました。

★田中将大3年ぶりメジャー2度目完封で3勝目 97球で3安打零封の圧巻投球***Full-Count速報2017.04.28
https://full-count.jp/2017/04/28/post66612/
★田中将大16年ぶり快挙 ヤ軍投手のレ軍戦無四球完封は01年ムッシーナ以来***Full-Count2017.04.28
https://full-count.jp/2017/04/28/post66628/
★投手戦演じた宿敵エースが田中将大に脱帽「誰よりもタフなピッチャー」***Full-Count2017.04.28
https://full-count.jp/2017/04/28/post66634/

★MLB - イニング速報 - Rソックス vs. ヤンキース - スポーツナビ(田中将大投手全イニング29人対決(3安打1併殺))
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/inning/?id=2017042808&bp=2&pid=2991207

★4/28 田中将大(ヤンキース)~日本人選手ハイライト~***スポナビライブ
http://sports.mb.softbank.jp/vod/player/7632
スポナビライブは登録したら5月末まで無料で視聴できます
(もし試して気に入ったら6月から有料視聴に移行します。気に入らなかったら退会)

★(YouTube動画)2017.4.28 田中将大 先発登板!投球全球 レッドソックス vs ヤンキース戦 New York Yankees Masahiro Tanaka
https://www.youtube.com/watch?v=bbK__Y7MtfM

「【MLB】誤審を防ぐ、主審のロボット化?」そのうち審判には全員ロボットが……という時代も

★【MLB】誤審を防ぐ、主審のロボット化? コミッショナーは将来的な導入には否定せず***ベースボールチャンネル 4/21(金) 11:22配信
https://www.baseballchannel.jp/mlb/31407/
WBC2017の準決勝を視ていて感じたのは、少しでも怪しい判定には、ビデオでの検証を要求
ビデオ検証で覆る判定も結構あったという印象だった
その都度、試合がストップしてしまうのは少し興醒めだけれども
それだけ審判の判定は微妙な一瞬の判断、それだけ疑わしさがあるということ
もっともビデオ検証の多いのはランナーがセーフかアウトかという微妙なもの
主審の判定も本塁でのセーフかアウトかが問題となっていたけど
記事にあるファウルチップか空振りかでもめたのはWBC2017ではなかった。
個人的には、今の技術があったならば、
ストライクとボールの判定は機械にもできるのではないか、と感じていた。
ファウルチップか空振りかとか、本当に当たった死球なのかと゜うかなど、
色んな微妙な対応までこなすにはまだまだなのだろうけど…
ビデオ検証で一番多かったのは、ランナーの足が早かったのかボールがミットに届いたのか早かったのか
色々な事を技術的にクリアしたならば、審判無用の時代がそのうち来るのかもという気がする。
主審による微妙なストライクゾーンの違いとか
微妙なことによって発生する誤審とオサラバする時代がやがて…
WBC2017のように何度もビデオ検証で途切れる展開よりは、ロボット判定もマシかなと思わせる記事でした。
でもロボット(パソコン)の判定で試合がより面白くなるとは思えないが
パソコンの判定をパフォーマンスで伝える審判芸人という時代が来るかも知れない。
パソコン判定を面白く伝える動きの芸人の誕生で~す。
そんなロボット審判をパフォーマンスで表現する芸人が脚光を浴びるSFスポーツ小説は既にあるのかも

そのうち相撲にロボット行司が登場しても不思議ではない、
相撲の場合、行司に力は無く最終的に判断するのは審判団だけど…

その点、柔道のロボット化は、まだまだずっと先の話
次のページ

FC2Ad