夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

<順天堂大チーム>サルも人間と同じ前頭葉で「判断」

★<順天堂大チーム>サルも記憶の確かさを判断 人と同じく-毎日新聞2017年2月25日 10時51分(最終更新 2月25日 12時46分)
http://mainichi.jp/articles/20170225/k00/00e/040/235000c
「答えに自信がある時ほど報酬がより多いピンクを選んでおり、チームは「サルは記憶が正しいか判断している」と結論付けた。

 さらに、記憶の確かさを判断している時は、大脳の「前頭葉」という領域の一部が活発に働いていることを、脳内の血流を調べる機能的磁気共鳴画像化装置(fMRI)から発見。薬剤で活動を抑えると、記憶を確認するテストの正解率こそ約6割と変わらないが、“賭け”についてはでたらめにやるようになった。 」

サルも人間と同じ前頭葉で「判断」しているようだ。
スポンサーサイト

◆ネットで話題の和歌山県広川町の広報誌、特集「認知症と家族のかたち」はPDFファイルのダウンロードも

◎<和歌山・広川町>認知症特集の広報誌で大きな反響 増刷に-毎日新聞2017年1月11日
http://mainichi.jp/articles/20170111/k00/00e/040/257000c
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000048-mai-soci


◎広報ひろがわ 平成28年12月号
http://www.town.hirogawa.wakayama.jp/kouhoushi/h28/2812.html
特集「認知症と家族のかたち」
PDFファイル(4627KB)
http://www.town.hirogawa.wakayama.jp/kouhoushi/h28/pdf/2812_Topic.pdf

◎他人を記憶するという「社会性記憶」の仕組みは海馬にあった!!という研究発表

人間について不明なことはたくさんあるのだろうけど、脳についての研究話題が一番ワクワクします。
最大の未知世界は脳にあり……

◎忘れた相手思い出す脳の仕組み解明―理研、自閉症治療に活用期待-ニュースイッチ2016年10月01日(日刊工業新聞2016年9月30日)
http://newswitch.jp/p/6296
「記憶や空間学習能力に関わる脳の器官「海馬」が他の個体についての記憶「社会性記憶」を貯蔵する仕組みをマウスで解明した。」


(本元のこちらの方は図が多いので、イメージしやすい)
◎他人を記憶するための海馬の仕組み-記憶痕跡(エングラム)にアクセスし、社会性記憶を操作する-2016年9月30日理化学研究所(報道発表資料)
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160930_1/#fig1
(本研究は、米国の科学雑誌『Science』(9月29日付け:日本時間9月30日)に掲載←その事前予告資料のようです)
「これは、分子遺伝学が駆使できる実験動物で「ジェニファー・アニンストン細胞」と同じような働きを持つ細胞を見つけた世界で初めての例です。」
「高度に成熟した社会生活を営む現代において、驚くべきことに、人口のおよそ1.5%が自閉症と診断されています。したがって「社会性」の神経科学的な理解は、直面する大きな課題の一つです。臨床的に、自閉症患者では社会性記憶の低下が認められますが、その分子・神経科学的な原因については、多くの部分が分かっていません。今後、自閉症患者や自閉症モデルマウスにおいて、腹側CA1の細胞機能がどのように変化しているのかを解析することは、神経科学的にも臨床応用的にも興味深い問いであるといえます。」


上の記事中の「ジェニファー・アニストン」って誰?と私も気になり…
◎やっぱり「おばあさん細胞」よりは「ジェニファー・アニストン細胞」でしょう- 5号館を出て 2005年06月24日
http://shinka3.exblog.jp/2128037/
「ジェニファー・アニストンって誰?という方も、今年の1月まであのブラッド・ピットの奥さんだった人と言えば納得されませんか。」
アンジェリーナ・ジョリーとの離婚が話題のブラッド・ピットの前の奥さんかー、顔は知らないけど、スゴイ人気女優らしい。


そうそう、今思い出しましたよー
日本ハムの優勝が決まったのだから
ベッドの横の本の山に埋もれている
途中でストップしたままの「脳のなかの幽霊」
そろそろ再開しなくっちゃー

FC2Ad