夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

★小池百合子都知事は学歴詐称疑惑を否定、期待してます「文藝春秋」続報!!音を上げるまで…

今日の時事ドットコム「学歴詐称疑惑を否定=小池都知事」というニュースを読むまで、話題になっていることを知らなかった。
芸能界の人だと別に構わないけど、現職の政治家となるとネェ…
元々トリックとか騙しとかは好きで、トリックアート、錯視、手品・奇術、詐欺師とかは気になる
実在した痛快な詐欺師を描いた映画や詐欺師本人が書いた実録本は面白い。

耳がほとんど聞こえない作曲家を演じていたあの事件も興味深かった。
衝撃的だったSTAP細胞には散々翻弄されてしまったけど…見事というべきか??

まだ、話題の本体「文藝春秋 2018年7月号」に収録されているという石井妙子「小池百合子『虚飾の履歴書』」を読んでいないけど、私の好きな"騙し"の世界のようだ。図書館へ行かねば!!

"首席"(レベル)なのなら、話すも読むも書くも堪能なのでしょうから、日本に留学している学生と対面させたら、そのレベル度は即判明するでしょう。

有名な大学なら卒論が必須なのでは。火事になっていなければ、卒論はちゃんと保管されているでしょうから、そのコピーを入手し、書き写しで無いかの内容チェック。そしてその内容について、書いたご本人に質問をぶつける。卒論コピーを入手できないのなら、閲覧はできるでしようから、現地の大学院生をバイトで雇い、チェックしてもらう。

卒業生名簿はあるでしょう。同級生たちはそれなりの重職に就いている方も多いはず。そこから色んな証言が取れるはず。どんなゼミに所属していたのか、"首席"レベルだったのか、ちゃんと卒業しているのか、それは何年の事なのかも…
(20年ほど前に、大学を卒業して20年以上経ったけどクラス会をやりたいねぇという話題にネット仲間とのメールでなった。その幹事を私がやることになり、大学へクラスの名簿をもらいに行った。窓口で身分証明書の提示し自分の学生番号を申告したら、学生番号順の氏名一覧表のコピーをくれた。普通しっかり名簿は管理しているもの)

学歴詐称で卒業していない場合、有名大学ともなると卒業生を騙る人が居て、それが実害に繋がることがあるとすると、卒業生に居るかどうかの照会には回答をくれるのではないか。騙ることによって、それが詐欺などの実害に繋がっては、大学の不名誉にもなるから…

"文春砲"は芸能ネタの週刊誌だけでは無い事を魅せて欲しい。
期待してます、第二弾を!!
音を上げるまで追い込んで…

外堀を埋める手段は色々ある。
石井妙子さんもきっと続報の準備中なのでしょう
今回だけではあまりにも勿体無い

★小池百合子都知事のカイロ大学「卒業証書」画像を徹底検証する***文春オンライン
http://bunshun.jp/articles/-/7792
「現在発売中の「文藝春秋」(2018年7月号)に、私は「小池百合子『虚飾の履歴書』」を寄稿した。小池百合子都知事の「カイロ大学卒業」という学歴は事実ではなく、公職選挙法に違反している可能性が高いと指摘したものである」
「二つの「卒業証書」を比較」&「二人の「卒業証明書」の比較」

★「小池百合子さんはカイロ大学を卒業していません」と元同居女性が証言***文春オンライン(「文藝春秋」編集部)
http://bunshun.jp/articles/-/7706

★小池知事に学歴詐称疑惑 留学時代の同居者が月刊誌で証言***日刊ゲンダイDIGITAL 6/9
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/230885/1
「9日発売の「文藝春秋」で、ノンフィクション作家の石井妙子氏が詳細にルポしている」
「カイロ留学中、小池はアラビア語をほとんど話すことはなく、語学学校も初歩レベル。それなのにカイロ大に入学できたのは、父親が当時のエジプト情報相と知り合いなので「コネで入れてもらえる」と小池は話していたそうだ」
「1976年のサダト大統領夫人の来日時に、小池は一時帰国し、アテンド役を務めた。その際、新聞記事に〈カイロ大学を卒業した小池百合子さん〉と顔写真付きで書かれ、カイロへ戻った小池からこの記事を見せられた女性が、「そういうことにしちゃったの?」と聞くと、小池は「うん」と答えたという」
この「小池百合子『虚飾の履歴書』」を図書館でコピーしてから、じっくり読まねばなるまい!!

★学歴詐称疑惑を否定=小池都知事***時事ドットコム6/15
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018061501015&g=pol
「自身の著書などで「首席で卒業」としていた点については「先生から『良い成績だった』と言われた。昔の話なので一つ一つは覚えていない」と明言を避けた

★小池百合子***ウィキペディアWikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B1%A0%E7%99%BE%E5%90%88%E5%AD%90
「甲南女子高校卒業後に関西学院大学社会学部に入学するものの、父親の会社の都合で家族が東京・六本木に引っ越す[6]。「国際連合の公用語にアラビア語が加わる[注釈 1]」旨を伝える新聞記事をきっかけに、アラビア語通訳を目指すことにし、1971年9月に大学を中退して父親の貿易先でもあったエジプトへ留学。“朝堂院大覚”こと松浦良右の資金援助で両親もカイロ市で日本食レストランを経営した[6]。カイロ市のカイロ・アメリカン大学(英語: American University in Cairo)でアラビア語を修め、カイロ大学に移って卒業した[1][7]。エジプト滞在中にカイロ近郊にあるギザの大ピラミッドを登り、その天辺で茶道の形式に則りお茶を点てたこともある[8][注釈 2]。」
「カイロ大学卒業後はアラビア語の通訳として活動[8]。PLO議長アラファトやリビアのカダフィの会見では、コーディネーター兼インタビュアーを務めた[8]。」
「1976年(昭和51年) - カイロ大学文学部社会学科卒業[1][7]」
スポンサーサイト

テレビ番組の取材合戦に感じる"傲慢さ"「アナウンサーは出演者なのか」《5/28巻頭追記》《5/29追記》除名&供述「虚偽」の認定《5/30追記》

《5/28巻頭追記》
日大アメフト部「悪質タックル」問題に特に関心がある訳じゃないけど、
監督&コーチの記者会見が失敗したので、学長が謝罪に登場したのだろうと思っていたら、
今日の次の記事に魂消た。 笑い話だったのか!?!?
学長は「日大内に28人存在する理事の1人にすぎず」
監督「内田氏はその上に位置づけられる5人の常務理事の1人」
★アメフト「悪質タックル」問題で日大理事長が雲隠れ “格下”学長の会見で大炎上***夕刊フジ5/28
https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180528/spo1805280004-n1.html
つまりは上司の不始末を部下が謝罪しているようなもの
-----------------------------------------------------------------------------
テレビ番組の取材合戦に"傲慢さ"を感じることがある。

ただ目立つための同じような質問が繰り返されたら、
番組内で流す独自の質疑映像が欲しいがために、それを同じテレビ局にやられたら、
朝と昼のワイドショー、夕方と夜のニュース番組などなど
元ベテラン記者だった司会者も「イラッ」……
「25日に行われた日大の大塚吉兵衛学長(74)の緊急会見を取材した時」に感じた事を記事にしたのが次だ。
★“逆ギレ司会者”にも一分の理…アナウンサーは取材者なのか出演者なのか***スポーツ報知5/26
http://www.hochi.co.jp/entertainment/column/20180526-OHT1T50053.html
「いつの頃からだろうか。大型会見のたび、テレビ各局のニュース番組、ワイドショーが自らの番組のキャスターやアナウンサーの質問する様子を競うように流すようになったのは―。」
「ただ、大塚学長の「同じ局なのに、3つ4つクルーが分かれていて、イラッとしたのでは」という言葉に納得してしまう自分がいたのも確かだ。」
「こうしたアナウンサー、キャスターたちが自らの番組名と名前を名乗り、質問合戦を展開する。その際、会見場のサイドに陣取る当該番組のカメラが、それぞれの番組の顔たちの質問する映像を撮る。この際、米倉氏を“キレさせた”類似質問が頻発するのだ。」
「礼な言い方かも知れないが、会見の場を自己表現の場と捉えてしまっているキャスター、アナウンサーが一部いるのは確かだ。あなたは取材者か。それとも出演者(表現者)なのか。それは、あらゆる取材者に日々、問われ続ける問題でもある。」
----------------------------------------------------------------------------
《5/29追記》
日大・内田前監督、井上前コーチを除名 宮川選手は条件付き今年度出場資格停止***デイリー5/29
https://www.daily.co.jp/general/2018/05/29/0011305272.shtml
「関東学生アメフット連盟は29日、都内で臨時理事会を開き、内田正人前監督、井上奨前コーチを事実上の永久追放にあたる「除名」とする処分内容を決めたと発表した」

日大・内田前監督の供述「虚偽」と認定 「インカム落とした」言い訳もあった******デイリー5/29
https://www.daily.co.jp/general/2018/05/29/0011305703.shtml
供述について「選手と指導者の間で矛盾がることを関東学連の規律委員会は4点にまとめて事実認定をした」とまで言われたら、反論の余地は無さそうだ!!
読み応えのある推理ドラマ
ここまで言われたら、理事長がお詫びするしか無いでしょう
"日大"って日本最大のマンモス大学というイメージしか無いけど、
色んな団体のトップの肩書を兼ねていそうです
見苦しいから体調不良!?とかで自ら退くしかないでしょうねぇー
----------------------------------------------------------------------
《5/30追記》今からやっと勉強、何が起きたのか!?
アメフト罰則ルールについて
https://second-effort.com/foul/penalties/
★日大アメフト ラフプレーの審判判断は正しい?3回目で退場はなぜ?***5/21
https://mabomabo00.com/archives/1716
----------------------------------------------------------------------
《5/31追記》
★日大の危険なタックルとは違う考え方から生まれた危険なスライディング***5/30
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018053017400801.html
野球の本塁スライディングと「コリジョン(衝突)ルール」
敵か味方かという立場の視点が変われば、プレーに対する印象・感想も異なるようだ…
「案の定、翌日になってMLB機構は両チームに「あのスライディングは守備妨害と判定されるべきでした」と通達した」
まだ統一認識にはほど遠いようだ

★国家主席の任期制限撤廃を柱とする憲法改正案を圧倒的多数で採択

北朝鮮と何が違うのか!? 同じ!! 2018/3/11は歴史に残る年月日となる
反対2票、棄権3票、採決への欠席者が16人←これのみ違う
★【中国全人代】反対・棄権わずか5票、習近平氏強権で異論かき消す 「墓穴掘った」との批判も***サンケイ新聞3/11
http://www.sankei.com/world/news/180311/wor1803110035-n1.html
「「賛成2958票」。改憲案の採決が行われた人民大会堂では、賛成票数が公表されると満場の拍手が起き、続いて読み上げられた「反対2票、棄権3票」のアナウンスをかき消した。」
「全人代では通常、卓上のスイッチを押す電子投票が採用されているが、改憲案の採決は各代表が投票用紙に賛否を記入し、投票箱に入れた後に電子集計する方式が採用された。」
「無記名投票だが、代表の投票内容は調査可能との見方もあり」
「反対・棄権者は5人、採決への欠席者が16人出た」
「国家主席の任期制限撤廃が公表されたのは全人代開幕のわずか8日前。多くの国民や全人代代表にとって「不意打ち」の形となったのが実態だ。反対派に時間的猶予を与えないために習指導部が長期間秘匿したとの見方も出ている」

反対2票、棄権3票、採決への欠席者が16人
これら21人の内の病欠以外の代表は……

Yahoo!ジャパンのトップニュースにはまだ無いトランプのニュースをgooニュスでは伝えた

gooニュスのトップ
★政府閉鎖で民主党非難=就任1年の米大統領***goo(時事通信) 01月20日 23:34
https://news.goo.ne.jp/topstories/world/1189/0ba911946ceba41d075507f77fe31be0.html
(関連ニュース)
★<米政府機関>予算失効で4年ぶり閉鎖***goo(毎日新聞) 01月20日 19:14
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/world/mainichi-20180121k0000m030047000c
https://mainichi.jp/articles/20180121/k00/00m/030/047000c
「予算失効に伴い、数十万人の連邦職員が自宅待機を命じられるが、安全保障や社会保障給付、郵便、航空管制など幅広い部局が国民生活への影響が大きいとして原則、閉鎖対象から外される。ニューヨークの観光名所、自由の女神は閉鎖された」

今後、どんな部局のどんな部門に影響があるのかは、報道ではまだ不鮮明だ。

トランプ大統領って「CO2規制撤廃を発表」など行動が過激で無策に感じるから、
(産経ニュースでは「温室効果ガス排出量を制限する規制「クリーン・パワー・プラン」を撤廃すると正式発表」)
アメリカの大統領であるだけに、影響は計り知れず怖い。
理屈抜きで、とにかく発言だけでまず恐くなる。
予算という裏付けが無いと動けないのが政府の末端部門
いったいどうなるのか、どんな影響を及ぼすのか、が不安だ。

こうなると、まるで北朝鮮の誰々みたい

再度Yahoo!ジャパンのトップニュースを確認したらまだ無い。
「国際」コーナーを確認したら次の記事があった。
★<米政府機関閉鎖>トランプ氏、指導力不足を露呈***Yahoo!(毎日新聞)1/20(土) 21:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00000071-mai-n_ame
https://mainichi.jp/articles/20180121/k00/00m/030/093000c
「米軍は国内外で任務を継続するものの、訓練や装備品整備などが止まる可能性がある。航空管制システムや連邦刑務所、郵便局などは通常通り業務を続ける。一方で米メディアは、国務省のパスポート発給業務や米疾病対策センター(CDC)のインフルエンザ感染監視業務などが滞る可能性があるとしている。閉鎖が長期化した場合、連邦政府全体で約85万人が無給状態で自宅待機となり、経済への影響も懸念される。」
同じ毎日新聞の記事だがこちらはより具体的だ。
けれども途中からは会員ページとなっており、一定量以上の閲覧は有料となる。
(私は毎月一定量までの閲覧は無料の会員登録済みだが)
独自の"スクープ記事"ならば、有料も"とにもかくにも"だけど、
今回のトランプ氏についての記事はスクープじゃないだろう。
何故に有料の会員ページなのかと問いたい。
朝日新聞の記事でも何度か腹が立ったことがあったけど、
朝日新聞にはそれらりの独自性があったから我慢した…
が毎日新聞さん、この記事はどうなのでしょうかねー
独自のニュース・ソースがあっての記事だったのならば、"御免なさい"だけど…

(追記)
何が重要で何をトップニュースにするかの判定はYahoo!ジャパンが優れていると今まで思い込んでいました。
世の中にオールマイティは無いよねー

★大学入試センター試験「地理B」、アニメ「ムーミン」など、愚問かミスか《追記》「ビッケ」も

1952年生まれのオジサンはフルイにかける"共通試験"というものを経験していない。
"共通試験"の呼び名も色々変わっているようで、
今のシステムそのものがチンプンカンプンだ。
ただ「地理B」で「ムーミン」「ニルスのふしぎな旅」「小さなバイキング ビッケ」の設問には驚いた。
「ムーミン」はかなり昔にアニメを見た事がある。
「ニルスのふしぎな旅」はそんな童話があるらしいと知っているだけ。
「小さなバイキング ビッケ」は初見の題名だ。
"バイキング"ならば北欧だろうと思うだけで、国名も言語も何も浮かばない。

"共通試験"ってそもそも大学毎の本試験をフルイにかけるのが目的のはず
「地理B」の設問そのものに、どれだけの情報が提供されているのか不明で、
設問での情報量によっては類推も可能かも知れないけど、
このアニメか童話か判らない三作品が、「地理」の設問としてふさわしいのかが疑問だ。
今の「地理」高校教科書って、その国にまつわるアニメ・童話が話題となり、
どんな言語が使われているのかも記載されているのでしょうか。
66歳のオジサンの時代の「地理」とは様変わりしているのだろうか。

私のつたない理解では、"共通試験"は最低限の理解度を問うもの、
本試験の大学にふさわしい知識を測るものだと感じていた。

今回の「ムーミン」「ニルスのふしぎな旅」「小さなバイキング ビッケ」
テレビのクイズ番組じゃないのだから、
これを知っていたとして、もし正答できたとして、
いったい何の能力を試しているのでしょうか。
これが「国語」の試験で、世界の色んな国の童話についての設問だとしても、
単なる雑学の記憶力が問われているとしか思えない。
「日本史」では色々な特別用語をとにかく記憶しました。
それを記憶してちゃんと書けないと正答とならないから必死で憶えました。
当時は本試験一本勝負ですから、出題の可能性の高いものはとにかく記憶する、でした。

あれから50年近くも経ったというのに、
クイズ番組のような雑学記憶力を試すことを未だにやっている。
採点のし易さがメインの試験
だから記憶するだけで、文章の読解力のない受験生が増え、
自発的に問題点を整理して推論する能力のない生徒を育てる学校教育
それに拍車をかける塾…
所詮、受験テクニックを教えるのが塾
今の歪みだらけの受験制度を追いかけるしかない教育現場
自発的に考え悩むことの楽しさを教えてくれる先生がどれだけいるのか…

今回の設問が例えば出版社や広告代理店、マスコミの入社試験だったならば、
広い教養を試すものとして理解はできる…
(正解は公表されないし、愚問だとしても世間の話題にはならないけど)
大学入試センター試験「地理B」としてはふさわしくない設問だと思う。

とオジサンが言ったところで、受験者は今のシステムを現実とした受け止めるしかない。
だから「ムーミン」の国は?に戸惑い、
正答は「ムーミン谷」だろうと文句も言いたくなる。

疑問を提出された時に即答で説明できないような設問は、そもそもミスだったということ。
こんな事が毎年発生するのだから、困ったことです。
"困った"では済まないのが、今ふるいにかけられている受験者

★ムーミンの舞台、入試センター「設問に支障なし」***朝日新聞デジタル2018年1月16日
https://www.asahi.com/articles/ASL1J5TGRL1JUTIL049.html?iref=comtop_8_03
-------------------------------------------------------------------------
《追記1/18》
★ビッケはノルウェー? センター「正確ではない」と回答朝日新聞デジタル2018年1月18日
https://digital.asahi.com/articles/ASL1L675JL1LUTIL03T.html
(同センターの回答の全文は次の通り)
「 「ムーミン」については、日本で刊行された書籍(『ムーミン谷への旅』(講談社))等の文中で原作者のコメントとして「フィンランドにあるムーミン谷」との記述が見られるところです。

 「小さなバイキング ビッケ」については、ノルウェーが舞台であることを明確に示す出典は確認できておりません。その意味では「ノルウェーを舞台にしたアニメーション」との記述は、厳密な意味で正確なものではありませんが、出題に当たっては設問の趣旨を受験者に分かりやすく示すため、「ノルウェーとフィンランドを舞台にしたアニメーション」と単純化した記述としたものであることを御理解いただきたいと思います。

 なお、キャラクター自体、著者の出身国及び言語等に関する知識を問う問題ではないことから、前回の回答においては、その趣旨を説明させていただきました。」

回答によると、どうも設問の趣旨は別のようです。
次のページ

FC2Ad