夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

Yahoo!ジャパンのトップニュースにはまだ無いトランプのニュースをgooニュスでは伝えた

gooニュスのトップ
★政府閉鎖で民主党非難=就任1年の米大統領***goo(時事通信) 01月20日 23:34
https://news.goo.ne.jp/topstories/world/1189/0ba911946ceba41d075507f77fe31be0.html
(関連ニュース)
★<米政府機関>予算失効で4年ぶり閉鎖***goo(毎日新聞) 01月20日 19:14
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/world/mainichi-20180121k0000m030047000c
https://mainichi.jp/articles/20180121/k00/00m/030/047000c
「予算失効に伴い、数十万人の連邦職員が自宅待機を命じられるが、安全保障や社会保障給付、郵便、航空管制など幅広い部局が国民生活への影響が大きいとして原則、閉鎖対象から外される。ニューヨークの観光名所、自由の女神は閉鎖された」

今後、どんな部局のどんな部門に影響があるのかは、報道ではまだ不鮮明だ。

トランプ大統領って「CO2規制撤廃を発表」など行動が過激で無策に感じるから、
(産経ニュースでは「温室効果ガス排出量を制限する規制「クリーン・パワー・プラン」を撤廃すると正式発表」)
アメリカの大統領であるだけに、影響は計り知れず怖い。
理屈抜きで、とにかく発言だけでまず恐くなる。
予算という裏付けが無いと動けないのが政府の末端部門
いったいどうなるのか、どんな影響を及ぼすのか、が不安だ。

こうなると、まるで北朝鮮の誰々みたい

再度Yahoo!ジャパンのトップニュースを確認したらまだ無い。
「国際」コーナーを確認したら次の記事があった。
★<米政府機関閉鎖>トランプ氏、指導力不足を露呈***Yahoo!(毎日新聞)1/20(土) 21:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00000071-mai-n_ame
https://mainichi.jp/articles/20180121/k00/00m/030/093000c
「米軍は国内外で任務を継続するものの、訓練や装備品整備などが止まる可能性がある。航空管制システムや連邦刑務所、郵便局などは通常通り業務を続ける。一方で米メディアは、国務省のパスポート発給業務や米疾病対策センター(CDC)のインフルエンザ感染監視業務などが滞る可能性があるとしている。閉鎖が長期化した場合、連邦政府全体で約85万人が無給状態で自宅待機となり、経済への影響も懸念される。」
同じ毎日新聞の記事だがこちらはより具体的だ。
けれども途中からは会員ページとなっており、一定量以上の閲覧は有料となる。
(私は毎月一定量までの閲覧は無料の会員登録済みだが)
独自の"スクープ記事"ならば、有料も"とにもかくにも"だけど、
今回のトランプ氏についての記事はスクープじゃないだろう。
何故に有料の会員ページなのかと問いたい。
朝日新聞の記事でも何度か腹が立ったことがあったけど、
朝日新聞にはそれらりの独自性があったから我慢した…
が毎日新聞さん、この記事はどうなのでしょうかねー
独自のニュース・ソースがあっての記事だったのならば、"御免なさい"だけど…

(追記)
何が重要で何をトップニュースにするかの判定はYahoo!ジャパンが優れていると今まで思い込んでいました。
世の中にオールマイティは無いよねー
スポンサーサイト

★大学入試センター試験「地理B」、アニメ「ムーミン」など、愚問かミスか《追記》「ビッケ」も

1952年生まれのオジサンはフルイにかける"共通試験"というものを経験していない。
"共通試験"の呼び名も色々変わっているようで、
今のシステムそのものがチンプンカンプンだ。
ただ「地理B」で「ムーミン」「ニルスのふしぎな旅」「小さなバイキング ビッケ」の設問には驚いた。
「ムーミン」はかなり昔にアニメを見た事がある。
「ニルスのふしぎな旅」はそんな童話があるらしいと知っているだけ。
「小さなバイキング ビッケ」は初見の題名だ。
"バイキング"ならば北欧だろうと思うだけで、国名も言語も何も浮かばない。

"共通試験"ってそもそも大学毎の本試験をフルイにかけるのが目的のはず
「地理B」の設問そのものに、どれだけの情報が提供されているのか不明で、
設問での情報量によっては類推も可能かも知れないけど、
このアニメか童話か判らない三作品が、「地理」の設問としてふさわしいのかが疑問だ。
今の「地理」高校教科書って、その国にまつわるアニメ・童話が話題となり、
どんな言語が使われているのかも記載されているのでしょうか。
66歳のオジサンの時代の「地理」とは様変わりしているのだろうか。

私のつたない理解では、"共通試験"は最低限の理解度を問うもの、
本試験の大学にふさわしい知識を測るものだと感じていた。

今回の「ムーミン」「ニルスのふしぎな旅」「小さなバイキング ビッケ」
テレビのクイズ番組じゃないのだから、
これを知っていたとして、もし正答できたとして、
いったい何の能力を試しているのでしょうか。
これが「国語」の試験で、世界の色んな国の童話についての設問だとしても、
単なる雑学の記憶力が問われているとしか思えない。
「日本史」では色々な特別用語をとにかく記憶しました。
それを記憶してちゃんと書けないと正答とならないから必死で憶えました。
当時は本試験一本勝負ですから、出題の可能性の高いものはとにかく記憶する、でした。

あれから50年近くも経ったというのに、
クイズ番組のような雑学記憶力を試すことを未だにやっている。
採点のし易さがメインの試験
だから記憶するだけで、文章の読解力のない受験生が増え、
自発的に問題点を整理して推論する能力のない生徒を育てる学校教育
それに拍車をかける塾…
所詮、受験テクニックを教えるのが塾
今の歪みだらけの受験制度を追いかけるしかない教育現場
自発的に考え悩むことの楽しさを教えてくれる先生がどれだけいるのか…

今回の設問が例えば出版社や広告代理店、マスコミの入社試験だったならば、
広い教養を試すものとして理解はできる…
(正解は公表されないし、愚問だとしても世間の話題にはならないけど)
大学入試センター試験「地理B」としてはふさわしくない設問だと思う。

とオジサンが言ったところで、受験者は今のシステムを現実とした受け止めるしかない。
だから「ムーミン」の国は?に戸惑い、
正答は「ムーミン谷」だろうと文句も言いたくなる。

疑問を提出された時に即答で説明できないような設問は、そもそもミスだったということ。
こんな事が毎年発生するのだから、困ったことです。
"困った"では済まないのが、今ふるいにかけられている受験者

★ムーミンの舞台、入試センター「設問に支障なし」***朝日新聞デジタル2018年1月16日
https://www.asahi.com/articles/ASL1J5TGRL1JUTIL049.html?iref=comtop_8_03
-------------------------------------------------------------------------
《追記1/18》
★ビッケはノルウェー? センター「正確ではない」と回答朝日新聞デジタル2018年1月18日
https://digital.asahi.com/articles/ASL1L675JL1LUTIL03T.html
(同センターの回答の全文は次の通り)
「 「ムーミン」については、日本で刊行された書籍(『ムーミン谷への旅』(講談社))等の文中で原作者のコメントとして「フィンランドにあるムーミン谷」との記述が見られるところです。

 「小さなバイキング ビッケ」については、ノルウェーが舞台であることを明確に示す出典は確認できておりません。その意味では「ノルウェーを舞台にしたアニメーション」との記述は、厳密な意味で正確なものではありませんが、出題に当たっては設問の趣旨を受験者に分かりやすく示すため、「ノルウェーとフィンランドを舞台にしたアニメーション」と単純化した記述としたものであることを御理解いただきたいと思います。

 なお、キャラクター自体、著者の出身国及び言語等に関する知識を問う問題ではないことから、前回の回答においては、その趣旨を説明させていただきました。」

回答によると、どうも設問の趣旨は別のようです。

従軍カメラマンが撮った長崎原爆投下後の写真「焼き場に立つ少年」(nagasaki-1945)

nagasaki-1945.jpg

★「焼き場に立つ少年」の写真、ローマ法王が配布を指示***CNN 2018.01.01
https://www.cnn.co.jp/world/35112697.html?tag=top;subStory
「この写真は、死亡した弟を背負いながら火葬場で順番を待つ1人の少年の姿をとらえたもの。第2次世界大戦末期に原爆が投下された直後、米海兵隊の従軍カメラマン、ジョー・オダネルさんにより撮影された。」
キャプション「幼い少年の悲しみはただ、血のにじんだ唇をかみしめるその身ぶりの中にのみ表現されている」
★原爆投下後の広島、長崎撮影 オダネルさんの写真展 著書朗読で平和考える***東京新聞 2017年9月26日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201709/CK2017092602000146.html
「米軍人だったオダネルさんは終戦直後に従軍カメラマンとして来日し、私用カメラで「焼き場に立つ少年」=写真=など約三百枚を撮影。長年、フィルムを封印していたが一九八九年に公開して反戦を訴えた。」
PK2017092602100066_size0.jpg

★(今は消えたけど)Yahoo!トップで動画「日テレNEWS24」が自動再生

11月下旬だと思うが、ある日、突然、Yahoo!トップで動画「日テレNEWS24」が始まった。
それも勝手に自動再生だから邪魔だった。
場所もニュースコーナーのすぐ下あたりの特等席の位置
毎日、私が一番訪問するのはYahoo!トップ、新ニュースを確認するために
なのにトップへ行く都度、自動再生するものだから非常に煩わしかった。
動いているものがあると気に障るから、再生を毎度ストップするイライラ
これを何とかする方法はないものかと調べたが回避方法は見つからなかった。
そのコーナーに意見を送れる機能があることに気付いたので、
煩わしくって邪魔だから何とかしてくれ
見たい人だけが再生する機能に変えてくれと意見を送付した。

すると知らない内に、Yahoo!トップから「日テレNEWS24」コーナーそのものが消えていた。
私のような苦情が多かったのだろうか。

突然一方的に始めたのに問題もあるが、
突然止めたことについての説明も一切無し。
Yahoo!は一体何を考えていることやら、呆れるばかり。

天下のYahoo!がやる仕打ちでは無い!!
素人の私が驚いたぐらいだから当然だが、
訪問者に喜ばれるアイテムかどうかぐらい、
始める前にちょっと考えれば判ることだ。

広告収入のようなつもりかもしれないし、
営業努力の賜物かもしれないけど、
見たい人だけが再生クリックするのだったら、
こんなに腹も立たなかった。
他人のことは判らないが、
私は文字情報ニュースを探してYahoo!トップへ毎日何度も行く。
クリックした先に動画があると見たい時には再生するけど、
テレビ局ニュースに多い自動再生は嫌いだ。
ほとんどの場合、再生をストップする。これは面倒だけど、
ニュース提供元がテレビ局などの動画サイトだから我慢している。
だからYahoo!トップでやられた「日テレNEWS24」には今も腹が立つ。

ある意味で強権を持ったYahoo!なのだから、
その自覚の元に行動して欲しいものだ。
ユーザーは何を求めているかを……

またキナ臭い話、寄付金控除で「高市総務相、資金往復で還付金」

★高市総務相、資金往復で還付金受け取る***毎日放送 3/22(水) 19:17配信
http://www.mbs.jp/news/kansai/20170322/00000042.shtml
「高市早苗総務大臣が、自身と政党支部の間で資金を往復させることで、寄付金控除の還付金約300万円を受け取っていたことがわかれました。」
「自身が代表を務める自民党奈良県第2選挙区支部から1220万円の寄付を受けた後、逆に1000万円をこの支部に寄付しました。そして、翌年の確定申告で寄付金控除を申請し、還付金約300万円を受け取っていたということです。」
法的に問題が無い、というレベルの問題じゃない。
制度上、問題は無いとしても、制度が想定しない仕組みの盲点を利用して、
確定申告で寄付金控除を申請し、還付金を受け取ったというのは、大臣のやることじゃない。
本人は一人しか居ないのだが、別の人格の双子が居たような感じかな…
国会議員(議員事務所)と政治団体の支部代表とは、別人と見なすのだろうか!?

これは単なる氷山の一角であって、
似たような手法が、永田町の界隈では、ごく普通のことなのかも知れない。
国民としては、今回偶々垣間見したのだろうか。
誰か、新国会議員になったらまずやるべき事、という政党を超えたアンチョコを披露してよー!!
返り咲きの望みの無い元議員さん
友だちなんか要らない孤高の現議員さん
暴露して開陳してチョーダイ
話題の爆弾男(爆弾女)には成れまっせー!!
次のページ

FC2Ad