夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

◆高畑勲監督が逝去(82歳)、アニメ映画「火垂るの墓」は悲惨な戦争を描いた傑作

戦争の悲惨さを描いたアニメ映画「火垂るの墓(ほたるのはか)」の監督と銘記しております。
"可愛い妹と妹想いの兄"には、泣けてしまいました。
このアニメを視てから、原作である野坂昭如の短編小説「火垂るの墓」を読みました。
アニメをカラー再現したコミックスも何度も…その都度泣かされました。
語り継ぎたいアニメ作品です。

火垂るの墓-ウィキペディアWikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E5%9E%82%E3%82%8B%E3%81%AE%E5%A2%93
「戦火の下、親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いも叶わずに栄養失調で悲劇的な死を迎えていく姿を描いた物語」

★高畑勲氏が死去、82歳 宮崎駿氏盟友のジブリ映画監督 昨夏頃に体調崩し入退院繰り返す***サンスポ4/6
http://www.sanspo.com/geino/news/20180406/geo18040605050006-n1.html
スポンサーサイト

米アカデミー賞で話題の「インクルージョン・ライダー(包摂条項)」とは?「inclusion rider」

今日、この記事で初めて知った言葉だ。
★米アカデミー賞で話題の「インクルージョン・ライダー」とは?***BBCニュース3/6
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-43297311
「メディア研究者のステイシー・スミス博士が、同年のTEDトーク(著名人によるプレゼンテーションイベント)で使った造語で、女性や少数民族は障害者を映画やテレビに登場させる機会を増やす方法として紹介した。
スミス博士はこの概念を、人権や雇用を専門にするワシントンの弁護士、カルパナ・コタギャル氏と、プロデューサーで俳優のファンシェン・コックス・ディジョバンニ氏と共に編み出した。」
「なので、残りの30人前後の脇役について、物語の舞台となっている場所の人口構成を配役に反映させられない理由はなにもない」
「ハリウッドのトップクラス俳優の契約に含まれる「公正条項」を使えば、物語の舞台となっている場所の実際の人種や男女構成を反映した形で、映画の脇役を配役させられるのではないかと主張する」

不倫テレビ狂奏曲、テレビは無用、「私たちは「人の不倫をなじること」に侵されている~テレビは何時間不倫を報じたか~」

最下段リンクは本日のヤフーニュースでの独自記事・コラムだ。
まだじっくり読んではいないけど
「テレビが「不倫」を報じた月別時間数」などの棒線グラフは面白い。
私は「ベッキー騒動」が起きた時には、
既に「プロ野球の中継」がある時以外にはテレビのコンセントを抜く生活になっていた。
芸能ニュースで意識的にテレビを点けたのは、SMAP騒動のお詫び生放送の時だけか…
ワイドショーで不倫騒動を視た記憶があるのは
下記の記事にある「大桃美代子・麻木久仁子・山路徹の三角関係不倫」
テレビで視たのはこれが最後かな…
 (2010年は札幌時代、見ていなくともテレビは常時点けていた)
だから「ベッキー騒動」に始まるの不倫テレビ狂奏曲は見ずに済んでいる。
それに巻き込まれて今も注視している方は、ご愁傷様で~す

不倫テレビ狂奏曲とは無縁だが、テレビニュースも全く視なくなったので、
毎日何度も、ネットのニュースをチェックしている。
その中に芸能ニュースもあるので、当然不倫騒動の記事も多い。
私のようなネット人間でも、やっぱり食傷気味で辟易状態です。

不倫じゃないけど、SMAP騒動の時には、いったい何が起きたのかとネットニュースを注視していました。
それらによると、TVワイドショーはジャニーズ事務所の提灯記事のみらしい事が露呈。
あの「有吉の子供 夏目三久妊娠 熱愛!! 結婚は未定」の時も注視していたので、
SMAP騒動の時のように、次の投稿をした。
★11/24日刊スポーツ訂正おわび記事!?!?★/●今度は田辺エージェンシー事件!?(有吉弘行&夏目三久)←←ジャニーズ事務所・SMAPに似てキナ臭い***2016/08/26(このブログの1年前投稿記事)
http://yumenoyamemo.blog.fc2.com/blog-entry-159.html
この時には全てのテレビワイドショーがこのニュースを無視していたようです、ネットによると。
たかが芸能ネタですけど、何も報道できない・しないテレビは"死に体"
こんな情けないテレビは無くて構わないよー!!!!
テレビ局様 "お前はもう死んでいる"
そして増え続けるであろう色んな誤報、ニュース捏造(創作)などは、その死期を早めるのか

★私たちは「人の不倫をなじること」に侵されている~テレビは何時間不倫を報じたか~***8/30(水)境治
https://news.yahoo.co.jp/byline/sakaiosamu/20170830-00075044/
「不倫報道はベッキー騒動以降、激増」
「2010年以降で見ると同年12月に異様な山ができている。これは「大桃美代子・麻木久仁子・山路徹の三角関係不倫」の時だ。」

★少ないテレビ視聴の最近の状況(2017/2/7現在)

◎去年最後に視たのは、年末30日のアメトーークの運動神経云々…
◯2017年の最初は、好友堂さんとスカイプしている時に、視てるかーで点けたのががビートたけしのカラクリ箱でした。カラクリは好きです。
◎その次が好友堂さんから視てるかーと電話連絡のあったアメトーークの運痴…これは年末特集から漏れた部分らしい。名前は忘れたけれど、女性アナウンサーと膝神との二人によるスキップ、これも大事業らしい…
◎2月2日に視たのはNHKファミリーヒストリー(これは忘れないようにカレンダーにメモしてあった)。松方弘樹さんよりは父の近藤十四郎さんに興味がありました。子どもの頃、テレビドラマ「素浪人 月影兵庫」を結構視ていましたので。番組には品川隆二さん(とぼけた「焼津の半次」の役)も出ていましたけど、懐かしかったです。元気そうでした。
◎これは2/5に「アメトーク見てるかい?」とメールがあり、番組表を確認したら、大谷翔平くん特集でした。今年になって初めて視た大谷くんで、満喫いたしました。

プロ野球が始まらないと、中継開始時刻を調べるためにテレビ番組表を確認することは無いので、好友堂さんの連絡に感謝です。

残念ながら大谷くんは出ないけれど、2017WBCの壮行試合→本戦の開始。
そして3/31金には日本ハムのペナントレースが開幕。
気がかりは大谷くんが開幕に間に合うのか!?です。
プロ野球が始まると、テレビもやっと活躍します。そしてラジオも…

◎字幕翻訳について(戸田奈津子さん談)、歳の所為か吹替えより字幕の方がイイと感じている最近だ

最近、歳の所為なのか、吹替えより字幕の方が楽だなと感じている。
吹替えだと音として伝えてくれる情報は多いから、吹替えの方が面白さが増すはずだと長年思っていた。
最近年齢的な耳の問題があるからなのか、日本語の早口と情報量に着いていけないことがある。耳から入る音情報のスピード&量に対応できなくなっているのだろうか。
だから最近は、「吹替え」と「字幕」とが選択できる時には、「字幕」を選ぶようになっている。
こんな時に下記のインタビュー記事が目を惹き読んだので、残して置く。

◎【インタビュー】字幕翻訳者・戸田奈津子さん「エッ?と思う字幕は、どこかおかしいの」-BuzzFeed Japan 2017/01/04 10:01
https://www.buzzfeed.com/eimiyamamitsu/interview-with-natsuko-toda?utm_term=.ackKNZdGZ#.wue7Vrz1r
《インタビュー記事の見出し》
・「ただの映画ファン。ミーハーよ、しかも」
・夢叶うまで20年
・毎日変わっていく言語
・ネットで広がる誤訳批判。そして『ロード・オブ・ザ・リング』騒動
・理想の字幕とは
・誤訳と意訳の境目


「1秒に3~4文字。14文字x2行以内のセリフ。ごく限られた字数で、字幕翻訳者はセリフの内容を観客に伝えなければいけない。」
「戸田さんにとって理想で素晴らしい字幕とはどのようなものか。

「お客さんが字幕のことなんて考えずに、あたかも登場人物が全部自分のわかる言葉でしゃべってたって誤解するぐらい、違和感なくスッと頭に入る。それが一番良い字幕だと思います」

「映画を観ている途中で、字幕に意識が行くのは、その字幕に何か引っかかるものがあるからです。エッ?と思う字幕は、どこかがおかしいの」」

「戸田さんは「限りなく原文に近く、しかも字幕として成り立つ日本語」という細い線の上で「ベストを尽くしている」と話し、これを理解せずに誤訳批判するのは “誤解“ だと説明する。」


●アメリカ人が字幕なしで「君の名は。」を見てみたら-BuzzFeed Japan 2016/11/14 18:01
https://www.buzzfeed.com/eimiyamamitsu/your-name?utm_term=.pyYx4wQ5w#.wkeVOeDne

実はこの記事を書いて、そこからリンクしてあった上の記事を読んでいる時に、「三葉」を「四葉」と誤記していたことに気付き、さっき投稿したばかりの別ブログの下記記事を慌てて訂正しました。
◎映画「君の名は。」の疑問(パラレルワールド)を整理、解読するための再鑑賞の前に(part1)-2017年01月04日
http://yumenoya.seesaa.net/article/445544924.html
次のページ

FC2Ad