夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

「【MLB】誤審を防ぐ、主審のロボット化?」そのうち審判には全員ロボットが……という時代も

★【MLB】誤審を防ぐ、主審のロボット化? コミッショナーは将来的な導入には否定せず***ベースボールチャンネル 4/21(金) 11:22配信
https://www.baseballchannel.jp/mlb/31407/
WBC2017の準決勝を視ていて感じたのは、少しでも怪しい判定には、ビデオでの検証を要求
ビデオ検証で覆る判定も結構あったという印象だった
その都度、試合がストップしてしまうのは少し興醒めだけれども
それだけ審判の判定は微妙な一瞬の判断、それだけ疑わしさがあるということ
もっともビデオ検証の多いのはランナーがセーフかアウトかという微妙なもの
主審の判定も本塁でのセーフかアウトかが問題となっていたけど
記事にあるファウルチップか空振りかでもめたのはWBC2017ではなかった。
個人的には、今の技術があったならば、
ストライクとボールの判定は機械にもできるのではないか、と感じていた。
ファウルチップか空振りかとか、本当に当たった死球なのかと゜うかなど、
色んな微妙な対応までこなすにはまだまだなのだろうけど…
ビデオ検証で一番多かったのは、ランナーの足が早かったのかボールがミットに届いたのか早かったのか
色々な事を技術的にクリアしたならば、審判無用の時代がそのうち来るのかもという気がする。
主審による微妙なストライクゾーンの違いとか
微妙なことによって発生する誤審とオサラバする時代がやがて…
WBC2017のように何度もビデオ検証で途切れる展開よりは、ロボット判定もマシかなと思わせる記事でした。
でもロボット(パソコン)の判定で試合がより面白くなるとは思えないが
パソコンの判定をパフォーマンスで伝える審判芸人という時代が来るかも知れない。
パソコン判定を面白く伝える動きの芸人の誕生で~す。
そんなロボット審判をパフォーマンスで表現する芸人が脚光を浴びるSFスポーツ小説は既にあるのかも

そのうち相撲にロボット行司が登場しても不思議ではない、
相撲の場合、行司に力は無く最終的に判断するのは審判団だけど…

その点、柔道のロボット化は、まだまだずっと先の話
スポンサーサイト

イチロー凱旋弾に米地元テレビ局は“43秒の沈黙”という粋な計らいで感動を伝えた

★“43秒の沈黙”が生んだ感動 イチロー凱旋弾に米実況&解説が粋な計らい***Full-Count 2017.04.21
https://full-count.jp/2017/04/21/post65769/
「その一戦を中継した地元テレビ局はその感動を伝えるために、実況と解説が約43秒間沈黙するという粋な計らいを見せた。」
「ソロ弾の瞬間、実況のウォルツ氏も「イチローがライトに打った。深い。これは…入った! 彼がかっ飛ばした! イチローがホーマーだ!」と絶叫。しかし、テンションの高いマシンガントークで有名な同氏と、ホランズワース氏はイチローが二塁を回ったあたりで突然、沈黙した。」
「その間、実況と解説は一切、言葉を挟まなかった。異例の43秒間の沈黙とともにその情景を克明に映し出すことで、イチローの凱旋弾という最上級の“ドラマ”はさらなる感動を呼んだ。」

こういった突発の計らいって、現場のディレクターが指示するのでしようかねー
「実況も解説もコメントするのは少し休もう、観客と一緒に感動に浸ろうではないか」
「その分、カメラマンたちは色んな映像をしっかり撮ってくれッ」
ディレクターは中継室で複数カメラの映像を切り換えて繋いでいる…

ソフトバンク川崎宗則選手のワクワクさせる話、定位置なんて必要ない「日本のベン・ゾブリスト」

★定位置なんて必要ない!川崎宗則が追求する「日本のベン・ゾブリスト」***Yahoo!ニュース(独自ニュース)4/18(火) 16:22
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20170418-00070048/
「ここまで川崎選手は2軍戦で、遊撃、二塁、三塁、左翼を守り、そつない守備を披露している。」
「そんなゾブリスト選手だが、彼はメジャー定着以降、守備で“定位置”を与えられてこなかった。元々遊撃手だったのだが、毎シーズン複数ポジションをこなし続けている選手なのだ。例えば昨年のカブスでも二塁、左翼、右翼、一塁、遊撃のポジションを守っている。にも関わらず2009年以降レギュラー選手として毎年150試合前後(2015年だけトレードもあり126試合)に出場し続けている。 」
ワクワクさせる話ですねー
捕手とサード以外は大丈夫で打撃もとなったら……面白い

FC2Ad