夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

「なんでも鑑定団」石坂浩二に、いじめ?パワハラ?というニュースの流れ/《追記》決着?/《追記2、3真相の真相?、4スポンサーの意見》/《追記5》/《追記6》薀蓄暴走説

・私はYahoo!とOCNのトップページのニュースを毎日チェックしております。(テレビを観ないので)
・石坂浩二さんは伝説的SFドラマ「ウルトラQ」(1966年~)のナレーターの渋い声で一番記憶に残っていますし、昔は他に視る特番でもない限り「なんでも鑑定団」を必ず視ていました。日曜正午の再放送も結構…
・最近はテレビそのものをほとんど点けませんが、私も変だなと感じた記憶があります。あまりにも石坂さんの発言がないものだから、石坂さんって評価額ボード回転のボタンを押す人になったの、という感じでした。(この事はすっかり忘れていました)

・すると次のニュースでした。いじめ?パワハラ?
1/26の最初のニュース
●石坂浩二なぜ話さない?「なんでも鑑定団」不自然すぎる映像-女性自身 1月26日(火)0時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160126-00010003-jisin-ent

そして本日1/28に二本が続く
●テレ東、石坂浩二に「鑑定団」降板通告 発言シーン2年間ほぼカット-スポニチアネックス 1月28日(木)5時37分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160128-00000001-spnannex-ent

●<テレビ東京・高橋社長>石坂浩二の鑑定団降板報道に「びっくりした」 降板は明言せず-まんたんウェブ 1月28日(木)18時6分配信
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6189267

これって、SMAP解散騒動の報道にちょっと似ているような気がする。
記事を女性自身に書かせ、否書かれたのでかな、
そして降板通告の記事をリーク(書かせ)?(とにかく3月降板は決定事項と追撃ち)
テレビ東京の社長はびっくりしたと言いながら……

記事を読む限り、長期にわたる制作部門による陰湿ないじめとしか思えない。
石坂浩二さんは何故2年間もこの仕打ちに耐えたのか!?
(理由は不明だが)2年間いじめ続けても本人が自ら辞めないから、リークしましたということ??
いったいどんな確執があったのか??
これで陰湿な番組「なんでも鑑定団」、それを容認した陰湿なテレビ東京というイメージが……
と考えたら、テレビ東京に何のメリットがあるの!?、不可解ですな。
3月の最後放送で石坂さんはどんなコメントを……

石坂浩二さんが何かを語らない限り、また闇の中へ……かな

今後も局は違ってもテレビ業界で仕事をしようと思ったら、語らないのだろうな
---------------------------------------------------------------------
《追記1/30》
●火種は10年前…鑑定団プロデューサー 初対面で石坂浩二を泥酔愚弄-スポニチアネックス 1月30日(土)7時15分
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/30/kiji/K20160130011948890.html
●石坂浩二に“妥協案” 4月からBS新番組司会就任-スポニチアネックス 1月30日(土) 08:17
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/30/kiji/K20160130011947790.html
●「鑑定団」石坂浩二降板を発表 アシスタント吉田真由子も卒業-スポニチアネックス 1月30日(土)08:36
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/30/kiji/K20160130011949040.html
何となくこれでオトナの決着かな?
-------------------------------------------------------------------------------------
《追記2 1/30》
●石坂浩二「鑑定団」イジメ降板説の真相-東スポWeb 2016年01月30日 10:00
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/500290/
・(関係者)「最近の収録でも、観覧のエキストラに番組スタッフが『石坂さんはテレビではしゃべらないけど、本当はしゃべりますから』と笑いながら言っていた。(中略)あれだけ話した石坂さんの発言シーンをカットするのは大変。意図的じゃないとあり得ないですよ」
・(同前)「実はA氏は他の番組で、気に入らない出演者を石坂さんと同じ手法で降板させた過去があるんですよ。A氏は『再び“鑑定団”を高視聴率番組にする!』と息巻いて番組の責任者になり、2年以上前から降板に動きだしたが、事務所などの関係で石坂さんを辞めさせることができなかった。そのころから過去に成功した意図的に発言をカットするやり方で、番組内での存在感をなくし、自主降板へ追い込む作戦に切り替えた」
・(別の関係者)「A氏が番組を盛り上げるために“もっとこんなコメントをしてほしい”と石坂さんに要求したと聞いてます。でも、石坂さんは大ベテランというだけでなく鑑定団の創設期からいるプライドもあり、まったく聞き入れなかった。石坂さんは“俺のコメントが使えないというなら使わなくていい”。A氏も“なら使わない”。という感じになって…。お互いの意地の張り合いが招いた結果とも言える」と証言する。

フムフム…と色々洩れてくる…
----------------------------------------------------------------------------------------
《追記3、真相の真相?
結果的に誰が得をしたか、という観点で考えると、
大人気ない仕打ちをし続けた(無駄なエネルギーをこんな事で浪費した)プロデューサーは陰湿な人みたいと思われただけ…
すると石坂浩二さんが、降板既定路線を逆手に取り、大逆転サヨナラホームランという見方も可能だ。
切れる石坂浩二さんなら、有り得る解釈だな。
私だって、だてに2年間も耐えていたわけじゃないわよ!!という感じ…
オトナたちの辿りついた落着地点から類推すると、こう考えるのが一番スッキリする。
2年間色んな噂は流れていたらしいが、何故今のこの時期にメディアで書かれたのか?
策士・石坂浩二のニタリ顔が……哄笑が……

ヒヨッコのプロデューサーは喧嘩を吹っ掛ける相手を間違えたのね。
相手が何枚も上手なことを察知できなかった。
こんな真相だとしたら、まあ良い勉強をさせてもらった、とプロデューサーは諦めるしかない。
------------------------------------------------------------------------------------
《追記4 2/3 知りたかったスポンサーの意見》
●【石坂浩二パワハラ降板】鑑定団スポンサー・高須氏の意外な回答-東スポWeb 2月2日(火)6時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160202-00000004-tospoweb-ent
長らく同番組のスポンサーを務める「高須クリニック」院長の高須克弥氏(71)を直撃。すると意外な言葉が返ってきた。
「(番組に)いらないと思ったらカットされるのは当たり前。僕なんかも番組でフルスロットルでしゃべると、オンエアでは9割はカットされているよ(笑い)。でもプロデューサーに文句を言ったことはないね」
むしろ石坂の降板濃厚となったタイミングで、次々と醜聞が噴出している現状に「非常に残念。石坂さんも高齢だし、出演シーンがカットされたことで何かを察して『長いことありがとうございました』と言えば、格好良かったんだけど…」と残念な思いをのぞかせた。

これも一つの見識ですね、大人としての。スポンサーとしての、経営者としてのかな…
私は、逼塞を装っていた石坂浩二さんの反撃と捉える方が好きですね、
だから「最後っ屁」の記事もありました。これがオチだったと思っています。
----------------------------------------------------------------------------
《追記5 2/4》
●「なんでも鑑定団」降板の石坂浩二“変わり者伝説” 「水戸黄門」に「ざまあみやがれ」、唐沢寿明は「現場でおしゃべりが止まらない」とグチ-2016.02.04 本と雑誌のニュースサイト/リテラ 全3ページ
http://lite-ra.com/2016/02/post-1948.html
「水戸黄門」の話も唐沢寿明さんのハナシも面白いけど、浅丘ルリ子さんの語る平ちゃんが一番ですね。

この記事を読むまで忘れていましたが、浅丘ルリ子さんと離婚したと思ったら即入籍で、そんな人だったのと…
昔、「なんでも鑑定団」に石坂浩二さんのコーナーがあったことを微かに思い出しました。
石坂浩二さんの語る薀蓄って、語り方の所為もあると思うが、鼻につくというかちょっと嫌らしい感じがしました。
薀蓄はさりげなく出すもので、自信気にたっぷりと開陳されたら聴く方は辟易しますね。
新番組、大丈夫かな??
------------------------------------------------------------------------------------
《追記6》2/13
今田 石坂降板報道「100%ウソ」--2016年2月13日 デイリースポーツ online
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/02/13/0008802057.shtml
この説明が一番本当っぽい。
薀蓄暴走説……そりゃあカットするしかないでしょうヨ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yumenoyamemo.blog.fc2.com/tb.php/100-016dfcc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad