夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

「日本ハム・杉谷 ウグイス嬢との口撃バトル再び」今年も西武戦で開幕&別ブログの北方領土関連記事

●日本ハム・杉谷 ウグイス嬢との口撃バトル再び-デイリースポーツ 4月5日(火)17時52分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160405-00000064-dal-base
「2年前から始まったウグイス嬢とのバトルは終わっていなかった。打撃練習でケージに入るや、「ファイターズ杉谷選手、打撃練習、あと10分です」のアナウンスにスタンドから拍手が起こった。
 さらに「今シーズン、本気の杉谷選手の打球が頻繁にスタンドに飛び込みます。杉谷選手の打球にはくれぐれもご注意ください」と言われて失笑が起こると、スイッチヒッターの杉谷は右打席に入り、この言葉に発奮して柵越えしてみせた。」

今日はラジオ中継でしたが、4回でもう0対8と大量の大差
終わったら、1安打で0対10の岸孝之投手に完封負け、
6回表の捕手・市川友也のヒットが無かったら、ナンタルチーア……

今日の試合で改めてネットで確認するような記事は全く無いなと思っていましたら、
うれしい記事が見つかりました。
試合開始前の打撃練習中の恒例となっていたウグイス嬢(西武プリンスドーム)である西武・広報の鈴木さんによる
面白い杉谷拳士くん紹介のコメントが今年も継続しておりました。

今日は試合開始頃に、メインのブログへの新記事投稿をしており、
その今回の記事の発端である奇縁の中田先生へのアップ連絡の手紙をテキストに打ち込んでいましたら、
姉から連載シリーズ第二弾の重要な写真となる撮影がちゃんと終了したという電話も入って、
ラジオ中継も満足に聴いておりませんでしたけど、1安打完封負けは無いだろうよ――!!!!
と思っていたら、「ウグイス嬢との口撃バトル」があったので、ちょっと助かった――

さて新規投稿とその連絡の手紙をしたためていたのは、
★亡き母の若き日を求めての推理劇は突如開幕した(北方領土・多楽島-1)
http://yumenoya.seesaa.net/article/436243471.html

昭和15年(私の生まれる12年前の話)に長野生まれの母が養女として、今は北方領土と呼ばれる多楽島にやってきた。
私が中学校に入学したのは昭和39年(1964年)で3年間担任だったのが中田先生
中学校卒業以来初めてだと思うが39年ぶりに2/22に電話をした、訊ねることがあって……。
そこで初めて聴いた驚愕の発言「実はお母さんの若い時に見かけている」と!?!?!?!?
中学時代のことで疑問があって電話したつもりだったのに、
そこからさらに20年以上も遠い過去へ突如ぶっ飛ばされていました!?!?!?
これで「オレのオフクロなの!?!?本当に!?!?」という推理ドラマの幕開けでした。
これで予定を組んでいた映画も小説も、目論見はズタズタとなりました。

その大作のブログ記事にリンク紹介です。
★亡き母の若き日を求めての推理劇は突如開幕した(北方領土・多楽島-1)
http://yumenoya.seesaa.net/article/436243471.html


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad