夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

共和党の州「選挙人」、トランプ氏への投票拒否(党の候補以外に投票する「不実な選挙人」が増えて欲しい)

もしトランプがアメリカの大統領になったらと想像するだけで、21世紀最大の国際事件に…
造反する「不実な選挙人」が増えて欲しいものです。
●共和党の州「選挙人」、トランプ氏への投票拒否-読売新聞(YOMIURI ONLINE)2016年08月04日 18時45分
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160804-OYT1T50146.html
「選挙人を拘束する憲法や連邦法の規定はないが、自らを指名した党の候補に票を入れるのが慣習となっており、党の候補以外に投票する選挙人は「不実な選挙人」と呼ばれる。不実な選挙人は1948~2004年に9人しかおらず、異例の展開をたどる今年の大統領選を象徴する現象の一つと言えそうだ。」

●共和、造反拡大の兆し=トランプ氏の兵士遺族中傷で―米大統領選-時事通信 8月4日(木)14時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160804-00000092-jij-n_ame
「この問題は、イラク戦争で息子を亡くしたイスラム教徒のキズル・カーン氏が先月28日の民主党大会で、「あなたは何も犠牲にしたことがない」とトランプ氏を批判したのが発端だ。トランプ氏が「演説はヒラリーのライターが書いたのか」「私を知りもせず悪意を持って攻撃した」とやり返したことから、党派を超えて非難が広がった。」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad