夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

今日は初の雪かき、アパート暮らしは気をつけよう凍結(水道とトイレと風呂)

車を持っていないので、車庫前をきれいにする必要は無い。
車庫に置いてある灯油のポリタンク(18リットル)を取り出せれば良いだけなので、
大家の委託を受けた車庫前の除雪・排雪業者が入った時に、
車の無い私の車庫前は対象外で、雪山が出来てしまう。
その時には、シャッターの開き閉めと出入りができるよう通路を確保するため、雪かきが必要となる。

普段雪かきが必要となるのは、吹きさらっしの外の二階の廊下だ。
私自身が外に出るのは食材の買い出しで、週に一度か二度のみだけど、
通販の集荷の人、配達の人も通る廊下なので、通り易くするため、
廊下の通路確保は必要となる。
昨日は隣の人がやってくれたし、別に順番がある訳ではないけど、
今日は私がやり、今年は初となりました。

隣の札幌は大雪らしいけど、
石狩市はそこまでの大雪じゃないけど、
これで冬の本番に突入した感じです。

一番怖いのは凍結です。
石狩へ引っ越して来た最初の冬には、大チョンボをやりました。
水道ではなく、トイレの排水管が凍結してしまいました。
原因は排水タンクの中に500mlのポリ容器2本を入れて流れる水量を節約したつもりが、
必要な水量が確保できなかったために、排水管のなかでトイレットペーパーなどが少しずつ滞留し、
それが寒さで凍結し完全に凍ってしまったようです。
アパート暮らしは30年以上になるけど、トイレの排水管の凍結は初めてのことで、
業者3人がかりの解凍作業(小さな通路穴作り)で、大出費でした。
この時から初めて、不凍液も用意しております。
風呂とトイレの排水貯留場所の凍結を防ぐために…

凍結につながるような厳しい寒さの日が続かないことを祈るのみです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad