夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

★幸村、薩摩に落ち延びた? 真田幸村ロマン伝説、/《追記》飛び火して懐かしい青春歌

真田幸村が落ち延びていたという伝説は初めて読みました。
NHKドラマとは無縁の私ですが、佐助や才蔵が登場する小説は色々読みましたけど、こんな伝説があることは知らなかった。

★幸村、薩摩に落ち延びた? 南九州市に伝説、ドラマで来訪増 山中に墓 地域おこしも [鹿児島県]-西日本新聞2016年12月22日 17時00分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/297385
「幸村の薩摩落ち伝説は京童たちが歌った「花の様(やう)なる秀頼様を、鬼のやうなる真田がつれて、退(の)きものいたよ加護島(かごしま)へ」との歌で有名になったといわれる。伝説の地は、同市頴娃(えい)町の雪丸集落。南国鹿児島で雪がつく地名は珍しく、幸村がなまったと伝わる。」
「墓とされる石塔は、山中にあり、墓石は島津家が「特別な石材」とした山川石製。文字や模様は刻まれていない。墓に通じる坂道は地元で「とんどん坂(殿どの坂)」と言われ」
「墓には丸い小石がたくさん供えられている。これは幸村の子を身ごもった女性を徳川の追っ手から守るため同町の大川地区に嫁がせ、その子孫が墓参りの際に小石をさい銭代わりに置いたとされる。その女性が産んだ男の子は、真田の2文字の間に江という字を挟んだ「真江田(まえだ)」の姓を名乗った。真江田家の墓には真田の家紋「六文銭」が刻まれている。」

歌の存在も初めて知ったが
幸村→雪丸
真田→真江田(まえだ)
というのは、伝説にふさわしい謂れで面白い。
---------------------------------------------------------
《追記》懐かしの歌
無宗教なので独り日本酒を呑みながら、ネットをウロウロしていたら…懐かしい
★昭和40年代廃盤ベストテン-YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=eM4KUumr6a8
女の子なら少し歌がヘタでも許せた時代、ちょっと音痴系でも
オトコの音痴は勘弁してよー…ジャニーズ系は嫌だー…
★懐かしのミュージック ⑤ 「グループサウンズ編」-YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=0yPUQix2aEA
https://www.youtube.com/watch?v=0yPUQix2aEA
昭和40年代の前半が私の青春時代です、まだ恋に憧れていた時代です
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad