夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

「マウスの脳のキラー・ニューロンを特定」、前オバマ大統領にもあるのな…??/《追記2/8》アムネスティー報告-アサド政権の大量処刑!?

今日の下記「マウスの脳のキラー・ニューロンを特定」というニュース
「「獲物」を殺そうとする衝動をコントロールする2つのニューロンのセットを特定した」とは恐い実験結果です。
「当然のごとく、人間にもこのニューロンが存在するのか、という疑問が浮かぶわけですがそれはこの実験の目的ではありません」と言われても、気になります。
「顎を持つ捕食者が食物連鎖のトップに立つことになった」ということは、
道具でそのトップ立った人間にもキラー・ニューロンは当然あるのかな……
ボタンひとつで核弾頭ミサイルの発射は可能だし、
無人飛行機での誤爆も繰り返しています。
キラー・ニューロンと快感の機能とが結びついていたら……
ほくそ笑んで大量殺人をしているのかも……

先日読んだ前オバマ大統領についての記事
★さようなら、オバマ「あなたは史上最悪の爆弾魔でした」-プレジデント 2017.1.30
http://president.jp/articles/-/21210
「英国の調査報道ジャーナリスト協会のまとめでは、ブッシュ政権の8年間でパキスタンにおける無人機攻撃は51回、民間人を含む死亡者は少なくとも410人であった。一方、オバマ政権では373回、2089人となっている。イエメンやソマリアを追加すればさらに増える。」
「12年にオバマ政権の当局者が「タフな大統領」としてリークしたところによれば、毎週火曜日の会議で「ベースボールカード」と称されるテロリストたちの履歴書を確認し、大統領自身が暗殺リストを決定しているという。この基準や内容は公開されていない。「デスノート」で攻撃しているようなものなのだ。」
「内部告発によれば、13年の軍の報告書では「ある期間に200人以上を殺害したが、標的が正確だったのは35人だけだった。また、5カ月間の空爆で死亡した9割が意図した目標ではなかった」と報じている。」
「確かにオバマ前大統領は「非戦」の大統領だったのかもしれない。しかしながら、それは「国家間戦争」であり、実のところ、「無人機による戦争」の道を本格化し、おびただしい死傷者を生み出した。」
「オバマの美しいレトリックを見て、「平和の使徒」であるかのように称賛する一方、トランプ新大統領の荒々しく激しいレトリックを見て「破壊の魔王」とするのは間違いの可能性が高いということだ。」

★マウスの脳のキラー・ニューロンを特定。スイッチオンで無心に獲物を噛み殺すゾンビに…-ギズモード・ジャパン 2017.01.29 16:21
http://www.gizmodo.jp/2017/01/mice_predatory_kill_instinc.html
「マウスの脳から「獲物」を殺そうとする衝動をコントロールする2つのニューロンのセットを特定した」
「2つのニューロンのうち片方は視界にいる獲物を追いかける衝動をコントロールし、もう片方のニューロンは噛むのに使われる顎と首の筋肉をコントロールしているそうです。両方とも脳の扁桃体に位置しているとのこと。」
「スイッチがオフの状態では普通にカゴの中を歩いていたマウスが、オンの状態になると半狂乱状態になり自分の進行方向にある物を攻撃しようとしたそうです。」
「獲物を追いかける衝動をコントロールするニューロンだけにレーザーで刺激を与えた場合は、殺そうとする顎の動きは見られなかったそうです。」
「脊椎動物の進化において顎の登場は非常に大きな出来事でした。それによりろ過摂食から能動的な捕食へと移行することができ、顎を持つ捕食者が食物連鎖のトップに立つことになった」
--------------------------------------------------------------------------------
《追記2/8》アサド政権の大量処刑!?
★シリア刑務所で1万人以上が絞首刑に アムネスティー報告-BBC News 2017年02月7日
http://www.bbc.com/japanese/38890661
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad