夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

考えさせる図書館への寄贈本、或る図書館「寄贈はベストセラーや新刊図書、郷土資料などに限る」と告知

★高梁市教委への寄贈本10年放置 1.6万冊、遺族要請を受け返還-山陽新聞デジタル 2017/3/5(日) 8:30配信
http://www.sanyonews.jp/article/496861
1万6千冊だと受けた教育委員会も唖然としたのでしょうね。
高野山大ならば、喜んでくれる蔵書もかなりありそうだけど、
どの図書館にも広さの限界はあるし、貸出用のための整理にかかるコストも半端じゃない…

2014年の記事(当時、読んだかも…)
★善意の寄贈本に苦慮する図書館 何が本当に必要か考えて-産経ニュース2014.10.29 09:30
http://www.sankei.com/life/news/141029/lif1410290006-n1.html
「コストもかかる。図書館の蔵書にする場合、本の表面にフィルムコーティングを施し、登録番号やバーコードのラベルを貼るなどの作業が必要だ。またタイトルや出版社、ページ数、分類などを記した目録データを合わせて購入することもあり、蔵書にするには、1冊あたり150~200円かかるという。常世田教授は、「新刊はそうした“装備”が施された上で専門業者から購入している。それに比べて寄贈本は図書館の負担が大きい」と指摘する。」
「兵庫県宝塚市の市立中央図書館では、ホームページで、「寄贈はベストセラーや新刊図書、郷土資料などに限る」と告知している。さらに、寄贈してほしい本として利用者からの予約の多い本のランキング表を掲載。」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad