夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

「【MLB】誤審を防ぐ、主審のロボット化?」そのうち審判には全員ロボットが……という時代も

★【MLB】誤審を防ぐ、主審のロボット化? コミッショナーは将来的な導入には否定せず***ベースボールチャンネル 4/21(金) 11:22配信
https://www.baseballchannel.jp/mlb/31407/
WBC2017の準決勝を視ていて感じたのは、少しでも怪しい判定には、ビデオでの検証を要求
ビデオ検証で覆る判定も結構あったという印象だった
その都度、試合がストップしてしまうのは少し興醒めだけれども
それだけ審判の判定は微妙な一瞬の判断、それだけ疑わしさがあるということ
もっともビデオ検証の多いのはランナーがセーフかアウトかという微妙なもの
主審の判定も本塁でのセーフかアウトかが問題となっていたけど
記事にあるファウルチップか空振りかでもめたのはWBC2017ではなかった。
個人的には、今の技術があったならば、
ストライクとボールの判定は機械にもできるのではないか、と感じていた。
ファウルチップか空振りかとか、本当に当たった死球なのかと゜うかなど、
色んな微妙な対応までこなすにはまだまだなのだろうけど…
ビデオ検証で一番多かったのは、ランナーの足が早かったのかボールがミットに届いたのか早かったのか
色々な事を技術的にクリアしたならば、審判無用の時代がそのうち来るのかもという気がする。
主審による微妙なストライクゾーンの違いとか
微妙なことによって発生する誤審とオサラバする時代がやがて…
WBC2017のように何度もビデオ検証で途切れる展開よりは、ロボット判定もマシかなと思わせる記事でした。
でもロボット(パソコン)の判定で試合がより面白くなるとは思えないが
パソコンの判定をパフォーマンスで伝える審判芸人という時代が来るかも知れない。
パソコン判定を面白く伝える動きの芸人の誕生で~す。
そんなロボット審判をパフォーマンスで表現する芸人が脚光を浴びるSFスポーツ小説は既にあるのかも

そのうち相撲にロボット行司が登場しても不思議ではない、
相撲の場合、行司に力は無く最終的に判断するのは審判団だけど…

その点、柔道のロボット化は、まだまだずっと先の話
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad