夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

記念碑「信濃路はるか 肢体不自由児学童疎開の地」、戦時中の肢体不自由児の疎開(上山田村(現千曲市)の上山田ホテル)

★戦時中、多くの肢体不自由児を守った決断 長野で「疎開」に感謝する記念碑***THE PAGE 2017.05.28 15:00
https://thepage.jp/detail/20170526-00000008-wordleaf
「太平洋戦争のさなか、疎開先探しに困った東京の養護学校を児童、職員ぐるみで受け入れたホテルが長野県にあります。」
「長野に何とか疎開を果たしたのは当時の東京市立光明(こうめい)学校。1932(昭和7)年に全国で初めて肢体不自由児のための寮舎、医療施設を設けた養護学校として東京・世田谷区松原に開校しました。空襲が次第に激しくなり、1944(昭和19)年には東京などの学童疎開が始まったため、光明学校も対策を急いでいました。」
「松本校長は疎開先になりそうな各地を当たりましたが、医務室、リハビリ室などの設備のほか、60人余の児童と職員を合わせ150人ほどの規模になる疎開を受け入れるところはなかなかありません。」
「しかし、疎開の受け入れによってホテルは営業中止になり、従業員の生活にも響くなど難問だらけ。それでも子どもたちのためにと従業員らが理解を示し、疎開が実現することになった――と太田氏は記しています。」
続きは上のページで
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad