夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

プロ野球の審判、ビデオ判定/審判に電子機器の導入

 先日のソフトバンク戦だったと思うが、中田2ランの後、近藤がヒット?で一塁送球が逸れてアウトかセーフというシーンかあった。判定はアウト、監督の猛抗議も覆らず、アウト。直後テレビ中継では別カメラのビデオを流しましたが、一塁手の足がベースから離れた状態の時に球は一塁手のミットに入り、実は明らかな完全セーフ。
 昨夜のヤクルト戦では、中島打って走り一塁セーフ。別に抗議は無かったが、リプレイで映ったのは完全アウト。解説「中島の足が勝りましたね」、足の速い中島というイメージ(先入観)が勝ち取ったセーフだったようです。

 こんなことが、ビデオで確認すると誤審なのだが判定は覆らないだということが、至極当たり前のように各地の球場で起きていることだとすると、今の審判制度に問題があるということでしょう。クレームだらけで試合がストップしてしまうのも困りものだが、何とかして欲しいよね。こういうクロスプレーでなくとも、主審のボール・ストライクでも、怪しいと感じることがある。だから時たまバッターが怒ることでトラブルになることもある。

 日本では、ホームランかファールかという時や、ホームランが観客席から戻ったのかフェンス縁に当たってもどったのかという時にはビデオ判定があるのみ。

 アメリカでは新制度(しっかり理解はしてないけど罰金もあり)がスタートし、監督がビデオ判定を要請した結果、あのイチローさんの走塁アウト判定が覆ってセーフになったことが何度かあります。ただこの判定(大リーグのビデオ判定の本部)に間違いがあって、翌日本部が誤ったこともありました。判断するのは人間だから微妙な場合には判定ミスが有り得るということでビデオ判定にも難しい面があるということ。

 これだけ電子機器が色々あって、性能の良いコンピュータがある時代なのだから、クロスプレー判定やホームランかどうか、ストライクかどうかぐらい、電子機器を導入すれは簡単に、より正確な判定が出ると思うのだが……

 各地で一番起きているであろう最初に書いた一塁のクロスプレー、これぐらい何とかして欲しいものですね。
 かといって柔道のジュリー制度みたいな相撲の行司では、あれじゃ審判じゃないし…何とかしてよ、誤審が当然のこととしてまかり通っている現状はおかしい。誤審を減らす方向で動かないのなら、悪習を追認して踏襲しているということです。プロ野球をもっと面白くしてよ―
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad