夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

図書館の本で思う事(本はもっと大事に扱って、借り物なんですから)

 今日こんなニュースがネットにあった。
●本を傷つけないで 名古屋の図書館で標語コンテスト-2015年12月20日 中日新聞 CHUNICHI Web
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20151220/CK2015122002000052.html
標語コンテストの応募作品から
「本を汚すとあなたの心も汚れます」
「その本を 借りたものだと 知りながら 邪険にするのは 愚かしきかな」
「父は母に弱い 本は水に弱い 弱いものには優しく」

 石狩市に引越して来て三年半になり、図書館を利用するようになって丸三年が経つ。最初に驚いたことは、角に折れ目の本が多いことだ。読んだところの目印として意識的に折っているとしか思えない。栞の紐があるものでもだ。私はベッドで眠る前や起きがけとか早めに目が覚めた時に読んでいる。私が枕元にたくさん用意しているのは、栞の代わりとなる紙片だ。少し厚い紙をカッターで切り小さな栞として使っている。また簡単に剥がせる付箋を使ったこともある。その内気づいたのだが、窓口の一つのカウンターには栞が沢山用意してあった。
 次に驚いたのは、水濡れによるシワができたページが結構あることだ。本全体が濡れでヨレているものもある。先日他の図書館から取寄せてもらったものには、1ページに赤ワインが原因と思われる赤シミが。
 取寄せ本の貸出・返却は対面なのだが、貸出の時に背割れがある注意事項が記載してあったけど、返却の時に「ここにシミ汚れがあります。貸出の最初からシミがついていたので、私が犯人と思われたら困ります」と言って返却しましたけど、その時に確認したのですが、シミなどの瑕疵がある本には、その旨を裏表紙(ここには管理のバーコードがある)に記載していると。

 図書館からの借り物だから、汚しても傷んでも構わないという不遜な考えがあるのでしょう。これが友人・知人から借りた本だったら、もっと大切に扱うでしょうが、困ったもんです。図書館の本はみんなで読むものなんですけどね、自分の本だったら風呂で読もうが、コーヒーをこぼそうが、栞がわりに角を折ろうが勝手ですが。何かの事故が原因ならともかくも、マナーを持ち合わせていない人は出入り禁止にして欲しいですね。紙製のか弱い本だって、大事に扱えば長い期間みんなで楽しむことができます。
 元貸本屋ですが、その時に大きな破れ・汚れなどの事故は無かった。何かあったら弁償しなきゃならないと思えば、貸本を邪険には扱えなかったのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad