夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

本物か!?偽モノか!?が気になるニュース→中国の陶器「曜変天目茶碗」の“4点目”!?『なんでも鑑定団』/《追記1/25》/《追記2/9》/《追記3/5》科学的分析の結果は!?/《追記3/27》まだ続いていた

絵画の贋作についての話題は面白いですね。
贋作づくりの有名なプロもいまするから、美術関係の雑誌で読んだこともあります。
映画や小説でも、贋作絵画がメインというストーリーもあります。
偽札も贋作分野のお仲間(お札も工芸品の最先端技術)…
現代には色々な科学的手法がありますから、
本物か!?偽者か!?では多方面からの分析が可能で、
恐らくこれらに耐える贋作は少なくなっているのでしょうね。
同時代人の弟子が書いた作品とか同時代人による模写とかになると
キャンバスの生地にも顔料の種類にも問題点は無いと…
(描いた人に贋作の意識なんか無いけど)
最後は筆の微妙なタッチが決め手になったり、
絵の下から別の習作が見つかって決め手になったりとか……
ここには科学的なドラマがあります。

今回話題の『なんでも鑑定団』の「曜変天目茶碗」
陶芸家・九代目長江惣吉氏「おそらく、ヨーロッパで18世紀以降に開発された陶磁器釉薬用絵具の『スピネル顔料』を塗り付けて発色させたもので、私は描彩天目と呼んでいます。時代からみても宋代の作品ではありません」
絵画だと作製当時に使われていた顔料かどうかがまず調べられるようですから、
もし色々な科学的鑑定を話題の「曜変天目茶碗」でやったならば、
面白い一本のドキュメンタリー番組になるのではないかな。
『なんでも鑑定団』を視なくなってからかなりになりますが、
こんな科学的鑑定ドキュメンタリー番組があったら、私は視たい。
まずは3点あるという国宝との対決ですね。
国宝の横に今回のものを並べたら、
輝き方に深み(「東洋的な味わい」)があるものかどうかは移動するカメラの映像でも判るはず。
4点目かどうかについては、国宝の所蔵者も気になるのでは…
次に顔料の検査
『スピネル顔料』が使われていたら、18世紀以降の作品ということに
絵画のように少し引っ掻いて、とは行かないでしょうが…
陶芸関係の科学的プロには色んな手法があるでしょう。
歴史的な陶芸作品でも贋作はあるでしょうし、
お土産用の「まがいもの」もたくさんあるでしょうから、
科学的鑑定がそんなに難しいこととは思えません。
更に18世紀以降の「描彩天目」との対決
「描彩天目」がそんなに高価でなければ、入手して顔料の検査
何だか面白そうな番組になりそうです。
どこかのテレビ局さん、いかがですかー!?!?!?!?

そうそう国宝には無いという「鑑定品の裏に記された『供御』という文字」
この記事を読んだ時は何だか「まがいもの」っぽい、という印象でした。
お土産って、さもそれらしく見えればOKの世界、
本物に実際あるかどうかは別問題なのでしょう。

★なんでも鑑定団・国宝級茶碗に陶芸家「どう見てもまがい物」-NEWSポストセブン2017.01.23 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20170123_486322.html
「この世紀の発見を、テレビ東京は放送前から〈番組始まって以来のお宝が大発見される様子が放送されます〉と書かれたリリースを各メディアに配布するなど大々的に告知した。」
「〈『なんでも鑑定団』始まって、最大の発見ですね〉
〈国宝になっていたかもしれない大名品です!〉
 番組内でこう高らかに宣言したのは、レギュラー出演する古美術鑑定家の中島誠之助氏だ。」
「昨年12月20日の同番組では、世界に3点しかないとされる中国の陶器「曜変天目茶碗」の“4点目”が新たに見つかったと放送された。」
「南宋時代(12~13世紀)の中国で製作された曜変天目茶碗は、“星々”を思わせる美しく輝く模様を持ち、「茶碗の中に宇宙が見える」と評される。完全な形で残るのは世界で3つとされ、すべて日本に現存する。それらはいずれも国宝である。」
「だが、この大発見に異を唱える専門家が現われた。窯業で知られる愛知県瀬戸市在住の陶芸家・九代目長江惣吉氏である。長江氏が語る。
「番組を見ていて思わず絶句しました。どう見ても中国の商店街で売っているまがい物にしか見えなかった」」
「曜変天目茶碗は、鉄分などを原料とする釉薬をかけて焼かれる。最大の特徴は、前述したように茶碗の内側に広がる鮮やかな光彩であり、光と見る角度によって輝き方がガラリと変わる。
 徳川家康など時の権力者にも愛でられたとされる逸品だが、今回鑑定された茶碗には「肝心の輝きがない」と長江氏は指摘する。」
「しかし、鑑定団で紹介された茶碗は変幻する光彩ではなく、単に赤、緑、青などの釉薬がそのまま発色したものに見える。これは東洋的な味わいに欠ける」」
「「おそらく、ヨーロッパで18世紀以降に開発された陶磁器釉薬用絵具の『スピネル顔料』を塗り付けて発色させたもので、私は描彩天目と呼んでいます。時代からみても宋代の作品ではありません。器の外側に雲のような模様が出ていることも不可解です。国宝の曜変天目には、器の外側にほとんど模様がありません。鑑定品のような茶碗は今も福建省の建窯周辺にある“倣製品工房”で大量に作られており、2000~3000円で購入できます」」
「沖縄県立芸術大学教授の森達也氏も「実物を見ていないのでその点は不正確ですが、映像を見た限りでは本物である可能性は低い」と話す」
「「鑑定品の裏に記された『供御』という文字について、番組で“将軍が使う陶器に彫る文字”との説明がありましたが、この文字は中国で彫られるもので、日本にある伝世品で『供御』と記されたものを見たことがありません」」

★天目茶碗|開運!なんでも鑑定団|テレビ東京-2016年12月20日放送
http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20161220/03.html
鑑定額:2,500万円(1/25訂正 0をひとつ多く見間違えていました。国宝級に惑わされて失礼しました)
◆鑑定士総評◆
「「開運!なんでも鑑定団」が始まって最大の発見。この茶碗は12世紀から13世紀、中国の南宋時代に福建省の建窯で焼かれた曜変天目に間違いない。日本にもたらされた天目茶碗は数がかなりあるが、ただその中で曜変というのはたった3点、しかもその全てが国宝。今回この依頼品が出たことによって、4点目が確認されたということになる。漆黒の地肌に青みを帯びた虹のような虹彩がむらむらと湧き上がっており、まるで宇宙の星雲をみるよう。鉄分をかなり多く含んだ土を焼き締めてあるので石のように硬い。それを丁寧に真ん丸に削り出した蛇の目高台。これは国宝「稲葉天目」の高台とほぼ同じ。高台の真ん中に「供御」という二文字が彫ってあるが、これはかつては天皇や上皇に差し上げる食事のための容器であったことを表した。ところが時代が下り、室町時代になると将軍が使うものにも「供御」と彫るようになった。裂や曲げ物の容器、そして三好家の系図がついているが、これらによって室町幕府第13代将軍足利義輝を頂いて権勢を奮った三好長慶が、足利家から取得した東山御物の一碗であることは間違いない。もしこの茶碗が信長・秀吉・家康が所有し、さらに現代に伝わったものであれば国宝になっていたかもしれない。」
--------------------------------------------------------------------------------------
《追記1/25》
★なんでも鑑定団・2500万円茶碗に陶芸家が疑問の声上げた理由-NEWSポストセブン2017.01.24 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20170124_486376.html
NEWSポストセブンの追加記事を読むと、
期待していたドキュメンタリー特番は、有りえなさそうです、残念。
----------------------------------------------------------------
《追記2/9》
★「なんでも鑑定団」で「国宝級の茶碗」と太鼓判押されたのに…専門家から疑義!徳島県教委が一転、文化財調査を中止-産経新聞 2017.2.9 13:14
http://www.sankei.com/west/news/170209/wst1702090055-n1.html
国宝級という鑑定に翻弄されたラーメン屋の店長さんが可哀想です。
----------------------------------------------------------------
《追記3/2》
★なんでも鑑定団“茶碗を「国宝級」騒動”でBPOに申し立て 愛知の陶芸家ら-産経WEST2017.3.2 19:03
http://www.sankei.com/west/news/170302/wst1703020074-n1.html
「番組での鑑定の根拠を示すことや、場合によっては再鑑定の実施を求めるようBPOに申請している」

個人的には、自局が放映した番組に疑義があった場合には、
検証する責任は言い出しっぺのテレビ局にあると思います。
こんなことが、多発しては困りますからね。
鑑定に翻弄される出品者は出来る限り減らす方向で番組を作成すべきとかんがえるので…
----------------------------------------------------------------
《追記3/5》
★「テレビで話題になってしまった茶碗」奈良大が分析 「実物を見ず真贋云々に疑問」-ITmedia NEWS 3/3(金) 11:32配信
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1703/03/news079.html
「文学部文化財学科は、茶碗の所有者から相談を受け、実物を調査。文化財を傷つけずに元素を調べられる「蛍光X線分析装置」を使い、茶碗の成分を調べた。

 偽物なら、発色させるための釉薬が使われているはずだが、調査の結果、発色の原因と考えられるような元素は検出されず、赤、青、緑、白(黄)、黒のどの色に見える部分も、含まれる元素には大きな違いはなかったという。

 同大は、「この調査で茶碗が本物だとは証明できないが、偽物だと言う人達が主張しているような物ではないことは確実になった」と指摘している。」

こんな科学的な分析も含めて、真贋を追跡するドキュメンタリー番組にしてくれたら、面白かっただろうに…
---------------------------------------------------------------------
《追記3/27》まだ続いていた
★なんでも鑑定団“国宝級茶碗”騒動おさまらず 専門家ら論争、真贋の行方は…***産経新聞 2017.3.27 10:46
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/170327/lif17032711500004-n1.html

◎糸魚川大火に耐えた奇跡の1軒、連想は河氾濫の時に耐えて何人もの命を救った家(鬼怒川決壊でした)/《追記12/29》

次の記事を読んで真っ先に浮かんだのは、河氾濫の時に怒濤のように押し寄せる濁流に耐えて何人もの命を救った家だ。
★糸魚川大火に耐えた奇跡の1軒 08年完成「丈夫な家」-朝日新聞デジタル 12/27(火) 23:09配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161227-00000121-asahi-soci
元の朝日新聞デジタルは有料で全部は読めず
★糸魚川大火に耐えた奇跡の1軒 08年完成「丈夫な家」-河畑達雄2016年12月27日23時09分
http://www.asahi.com/articles/ASJDW5364JDWUOHB00W.html
「2007年の新潟県中越沖地震など地震災害が話題になるなか、家を建てようと考えていた金沢さんは、地元の建築家に「丈夫な家」を依頼した。08年春、2階建て延べ250平方メートルの洋風住宅が完成した。」

このブログ内を「氾濫」で検索したら、次の記事がヒットしました。
★鬼怒川決壊、電信柱にしがみつきヘリコプターの救助を待つ男性は…/(追記)ソーラーパネル設置による人災か!?/(追記)白い家/《追記2016/9/9》一年後の「白い家」-2015/09/11(金) 02:23:39
http://yumenoyamemo.blog.fc2.com/blog-entry-61.html
災害がらみの記事は無料で読ませて欲しいね、朝日新聞デジタルさん
--------------------------------------------------------------------------
《追記12/29》
◎【糸魚川大規模火災】1軒だけ焼けず…防災特注 奇跡の木造住宅 周辺は焼失「復旧に協力したい」 発生から1週間-産経ニュース2016.12.29 20:37
http://www.sankei.com/affairs/news/161229/afr1612290032-n1.html
「燃えなかった理由は、普通の住宅とは異なり、火に強いステンレスのトタン板を外壁に使い、一部は耐火レンガだったことが大きいとみられる。屋根の洋瓦も一部はステンレス製だった。さらに、暴風に備えて窓はワイヤ入りの二重ガラス。屋根の軒先は火の粉が入りづらいように設計されていた。
 県内で平成19年に発生した中越沖地震を目の当たりしたことから、住宅を造る際、金沢さんは頑強にするよう工務店に注文。それ以外は全て「お任せ」で、翌20年に完成した。2LDKで延べ250平方メートル。費用は一般の住宅と比べ1・5倍ほどかかったという。」
----------------------------------------------------------------------------
《追記12/30》
(昨夜のスカイプでの話)テレビのニュースを視たという好友堂さんによると、
消防の放水車の放水がその家までは届かなかったのも幸いしたらしい。
焼けたガラスに放水が届いていたら、ガラスは割れてしまい、そこから延焼したのでは…

★幸村、薩摩に落ち延びた? 真田幸村ロマン伝説、/《追記》飛び火して懐かしい青春歌

真田幸村が落ち延びていたという伝説は初めて読みました。
NHKドラマとは無縁の私ですが、佐助や才蔵が登場する小説は色々読みましたけど、こんな伝説があることは知らなかった。

★幸村、薩摩に落ち延びた? 南九州市に伝説、ドラマで来訪増 山中に墓 地域おこしも [鹿児島県]-西日本新聞2016年12月22日 17時00分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/297385
「幸村の薩摩落ち伝説は京童たちが歌った「花の様(やう)なる秀頼様を、鬼のやうなる真田がつれて、退(の)きものいたよ加護島(かごしま)へ」との歌で有名になったといわれる。伝説の地は、同市頴娃(えい)町の雪丸集落。南国鹿児島で雪がつく地名は珍しく、幸村がなまったと伝わる。」
「墓とされる石塔は、山中にあり、墓石は島津家が「特別な石材」とした山川石製。文字や模様は刻まれていない。墓に通じる坂道は地元で「とんどん坂(殿どの坂)」と言われ」
「墓には丸い小石がたくさん供えられている。これは幸村の子を身ごもった女性を徳川の追っ手から守るため同町の大川地区に嫁がせ、その子孫が墓参りの際に小石をさい銭代わりに置いたとされる。その女性が産んだ男の子は、真田の2文字の間に江という字を挟んだ「真江田(まえだ)」の姓を名乗った。真江田家の墓には真田の家紋「六文銭」が刻まれている。」

歌の存在も初めて知ったが
幸村→雪丸
真田→真江田(まえだ)
というのは、伝説にふさわしい謂れで面白い。
---------------------------------------------------------
《追記》懐かしの歌
無宗教なので独り日本酒を呑みながら、ネットをウロウロしていたら…懐かしい
★昭和40年代廃盤ベストテン-YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=eM4KUumr6a8
女の子なら少し歌がヘタでも許せた時代、ちょっと音痴系でも
オトコの音痴は勘弁してよー…ジャニーズ系は嫌だー…
★懐かしのミュージック ⑤ 「グループサウンズ編」-YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=0yPUQix2aEA
https://www.youtube.com/watch?v=0yPUQix2aEA
昭和40年代の前半が私の青春時代です、まだ恋に憧れていた時代です

★今冬初の人参入りタラコの子和え(オフクロの味)

今日の材料費(昨日購入)
・まだらの子 274g328円(378円が昨日消費期限で50円引き)
・徳用つきこんにゃく 300g138円
・人参 小1本 53円
・合計519円

これがあれば、食事のメインおかず&日本酒の肴で4~5日は持ちます。
今年はもうクリスマス商戦、年末年始商戦ですから、来年になったら、タラコの安売りか値引きが狙いです。

《私のレシピなど》
★おふくろの味「人参入りタラコの子和え」の作り方など&ニンジン入れ派宣言-2015年12月17日
http://yumenoya.seesaa.net/article/431314105.html

★さっぽろ雪まつりの「魚氷」に思う、過敏すぎる反応は危険

記憶に残っているネット記事
九州の或る市町村で、地元の魚養殖を宣伝する動画CMで、
養殖の魚を擬人化して、大切に魚を飼育しているのを、可愛い少女の成長になぞらえたものがあった。これは即炎上してCMは消えました。この視点のCM作製発想は私の好みじゃないけど、批判で即取り下げるぐらいなら、作成前の絵コンテ段階で何故内部でもっと色んな意見を戦わせなかったのか!?内部には色んな意見があっただろうに…百万円単位の作成費がぶっとんでしまいました。批判があって話題になってからYouTubeで確認しましたけど、「私の好みじゃない」がCMのセンスとしては悪くないなと感じました。炎上の前に取り下げた事例だと思いました。役所のCMとしては不適切だったかも…。はたしてこれが養殖会社のCMだったならば…、話題になって批判もあったけど、会社の名前が売れました、という結果もあったように思います。これが少女でなく少年だったならば、こんな騒ぎにはならなかっただろうし、こんな話題にならなかったかも…。

去年かな、讃岐うどんの宣伝カレンダーだかで、「雪のように白いきめ細やかな肌のうどん」といったフレーズが話題になったことがありました。これはブログ記事に書いたかも。日本人が長年使ってきた言い回しがあるのに、全て女性蔑視的な発想で批判して、批判を受けたら、取りやめましたじゃ、情けないですね。このうどんフレーズは生き残ったように記憶してますけど。

今回「さっぽろ雪まつりの「魚氷」」の引き合いに出たスケートリンク場の凍った魚は、滑る下の魚は、私にはいわゆる展示物とは思えませんでした。氷が融けたら腐敗して臭い匂いを発するゴミの未来しか浮かびませんでした。他の生命を食べて生きている人間なんだという意識のかけらが感じられなかったので、このスケートリンクのニュースには、おぞましい傲慢さ感じました。

私はベジタリアンでないので、毎日豚肉と魚と鶏卵を食べています。たまには牛肉も鶏肉も。
無宗教なので全て美味しくいただいています。飢えていないことに少しは感謝しつつ。

飼われていることに慣れてしまい、二代目以降になると自然界で生きて行く狩る本能も衰えてしまったであろう動物園・水族館の動物たち。飼育された動物の肉と卵を買うのが当たり前のヒト族の食生活・食文化。肉を食べないベジタリアンが望ましい生活だとは思いませんが、食物に対する謙虚さは必要だと思います。植物だって生命ですから、それらを食べないと生きていけないのが人間です。ムダにして腐らせたら傲慢ですよね。賞味期限を過ぎてもまだまだ食べれる食品。私は賞味期限切れ近くの安いのは懐の所為もあるけど見つけたら喜んで買っています。最近の賞味期限間近リサイクルには注視しています。鼻にツーンとくる腐敗臭がしないと大丈夫だと思っています。危険なものは喰わないという鼻能力は遺伝因子にあるのだと思います。食中毒の原因菌を嗅ぎ分ける能力はないけれど。

雪まつりの「魚氷」は展示物です。釣りをしたことがない、水族館に行ったことがない、スーパーで売っている「切り身」の姿で泳いでいるとは思わないまでも、図鑑とテレビでしか一本まんまの姿をイメージできない子供がいるかもしれません。生命であることを、それを殺して食べていることを知らない幼い子どもがいるかも知れません。生きた魚をさばくのを見たら、食べれなくなる子どもがいるかも。そんな感受性と無縁だった私は魚釣りに行き、さばいて食べていましたけど、ムダにしない意識はありました。子どもの頃、生で余ったら干すなどして保存食にするか、近所におすそ分けしてました。

★さっぽろ雪まつりの「魚氷」、展示されない可能性も-朝日新聞デジタル 2016年12月18日23時28分
http://www.asahi.com/articles/ASJDK5V8FJDKIIPE01M.html
前のページ 次のページ

FC2Ad