夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

◎将棋の藤井聡太五段にはワクワクしています→→祝快挙「最年少棋戦優勝、六段に昇段」(朝日杯将棋オープン戦)/《追記2/18》水泳の池江璃花子くんもスゴイ

藤井聡太くん(15歳)は大谷翔平くんのようにワクワクさせてくれます。
この勢いで初優勝を……

★藤井五段、注目の初対決で羽生竜王に勝利!「感無量です」このあと中学生初優勝かけ決勝へ***abema2018.02.17
https://abematimes.com/posts/3719710?categoryIds=459930
「藤井五段は優勝すれば、加藤一二三九段(78)の15歳10カ月を抜き、史上最年少の15歳6カ月での一般棋戦優勝となる。また、「五段昇段後全棋士参加棋戦優勝」の昇段規定も満たし、1日の五段昇段からわずか16日で史上最年少の六段昇段も決定する」
★羽生竜王、過去5回優勝の早指し棋戦で藤井五段に敗戦「冷静に一手一手指されていた」***abema2018.02.17
https://abematimes.com/posts/3719747?categoryIds=459930
-----------------------------------------------------------
《追記》
★羽生竜王撃破の藤井五段が最年少棋戦優勝、六段に昇段***2018年2月17日16時30分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180217-OHT1T50168.html
加藤一二三九段「史上最年少優勝記録の更新ならびに史上最年少、最速での六段昇段という二重の快挙に心より御祝いを申し上げます」
おめでとうございます
----------------------------------------------------------------------------------
《追記2/18》水泳の池江璃花子くんもスゴイ
★池江璃花子 連日の日本新!今年出場6レースすべて日本記録更新「泳ぎの感覚は悪くなかった」***スポニチ2018年2月18日
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/02/18/kiji/20180218s00092000306000c.html
【長水路】50mバタフライ/200m自由形、【短水路】100m自由形/200m自由形/50mバタフライ/200m個人メドレー
★日本新連発の池江璃花子 400m自由形は高校新 7レース連続の快挙逃す***スポニチ2018年2月18日
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/02/18/kiji/20180218s00092000322000c.html
まだ17歳ですから、底知れぬ力量……楽しみです
池江くんはブログ初登場かな、すごいswimmerが居るとは意識していたけど…
----------------------------------------------------------------------------------
《追記》
★将棋 羽生竜王「藤井六段、私の中学時代とレベルが違う***毎日新聞2018年2月18日
https://mainichi.jp/articles/20180218/k00/00e/040/211000c
「粗削りな部分がなく、私の中学時代と比べてもレベルが違う」
---------------------------------------------------
スポンサーサイト

ハイヒールのリンゴが語る芸人の世界の敬称ルール、「師匠」「兄さん(姉さん)」「先生」、私の愛称「センセイ」

リンゴさんの説明、面白かった。なるほど…
ケース・バイ・ケースもあるから運用は微妙だけど…
★「師匠」と「兄さん」の境界線--リンゴのつぶやき***デイリースポーツ2018.02.11
https://www.daily.co.jp/opinion-d/ringo/2018/02/11/0010975256.shtml

私が初めて勤めた時、その分野で歴史も現状も改正についても一番詳しい大先輩が居た。
だからタマに"先生"と敬称で呼びかける人がいると、
"先生"とは呼ばれたくないわ、と笑いながらだが本音で怒っていた。
「"先生"と呼ばれて喜ぶほど、オレはバカで無し」だったかな?

私が四十代の時、小さな居酒屋の馴染み客となった。
みんなが愛称で呼び合っていたから、ママがアンタにも通称が必要だネということで、
女性は名前で**ちゃんが多く、男は苗字の始まり音で**ちゃんと付けられるのが多かった。
苗字の始まり2音(tujiとtuti)の似た馴染み客"ツッチ"が既に居たから、それを少し変えても紛らわしいと
マンガの貸本屋だから、マンガに詳しい先生で、"先生"にしようとなった。
前段の経験があるものだから、"先生"は嫌だったけど、カタカナの"センセイ"と思うことにした。
店ならば"センセイ"と声がかかると、オレの事だと即反応できるのだが
困ったのは、歩道を歩いている時に、車中から"センセイ"と何度も声をかけたのに…と後に文句を言われた。
あれは、あくまでも居酒屋・スナックでの呼び名なんだから、気付くわけないよと説明したけど。
これが"つっちゃん"だったら振り向いたと思うが、"センセイ"ではねぇー

"センセイ"では後日談があり、
その行きつけの居酒屋のマスターがよく通っていた飲み屋が店を閉めた。
その時にそこの馴染み客もみんな移って来た。
その中に博士号を持った人がおり、前の店では"先生"と呼ばれていた。
"センセイ"という馴染みの先輩(私は年下)が既に居るものだから、
後輩の"先生"は、苗字から"ヤマッチ"と呼ばれるようになった(ママの命名)。
"ヤマッチ"は他の店に行ったら、今も"先生"と呼ばれているのだから、慣れるまで混乱しただろう。
その"ヤマッチ"は、私を"センセイ"と呼ぶこともあったが、苗字に"さん"をつけたのが多かったように思う。
ひょっとしたら、私が"センセイ"と呼ばれた時に、今でも振り向いているかも…
私も"センセイ"と呼ばれて二十年が経つ……

★助教の論文不正問題で「山中所長、辞職の可能性に言及」(京都大学iPS細胞研究所)《随時追記》"大人の対応"を

STAP細胞が話題となり、やがて問題となった時に、
笹井芳樹さんは自殺してしまった。
亡くなってから初めて、笹井芳樹さんの業績を紹介する記事を読んだ。
その研究実績も凄かったけど、プロデュースのセンスや企画力にも優れ、
何と牽引力のある大切な人物を失ったことか、と感じた。

「山中伸弥教授が所長を務める京都大学iPS細胞研究所で、論文のデータに捏造(ねつぞう)や改ざんがあったことが分かりました」
所長の京都大学iPS細胞研究所に所属する助教の論文に不正があったからと言って
責任を取って辞職、何ていう事だけは回避して欲しいものだ。
論文での「捏造や改ざん」が発覚する度に、
その所属長が責任をとって辞職していたら、
牽引していた研究の進み方は鈍化してしまうだろうし、
「プロデュースのセンスや企画力」を短期間喪失するかも知れない。
無職のまま放っておけない貴重な人材なのだから、
いつか必ずどこかの役職に就くのだろうし、
その期間のロスは計り知れない。
別の職場へとなったら、新たな体勢づくりに、
どれほどの体力・気力が必要となることか!?
厖大なエネルギーの浪費!?

実はこれを機会に独立したい
長年その構想をじっくり練ってきた
資金と人材確保の目途も立っている
というのなら、ともかくも…

★山中所長、辞職の可能性に言及 助教の論文不正問題***テレ朝news2018/01/22 20:11
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000119234.html


今回の騒動とは関係ないが元旦に読んだ記事を紹介する。
京都大学iPS細胞研究所所長・山中伸弥氏インタビュー(2018/1/1)
★ノーベル賞受賞の山中氏「私の仕事の半分は寄付活動に当てている」***ニュースイッチ2018年01月01日
https://newswitch.jp/p/11542
(日刊工業新聞2017年12月28日の記事に加筆)
「一般の方から直接支援を頂くことは大切だ。(中略)私の仕事の半分は寄付活動に当てている。」
成功の保障のない中で自分を高めていくしかない。アスリートや音楽家が最高の環境を求めて世界を渡り歩くのと同じだ。決して環境に悲観せず、チャンスを求めて挑戦し続けてほしい
--------------------------------------------------------------------------
《追記1/23》
★山中教授「考え甘かった」 京大iPS研論文不正***京都新聞2018年01月23日
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20180122000221

★iPS論文不正「極めて遺憾」=研究費の応募資格停止も―林文科相***時事通信社2018/01/23
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018012300685&g=eco
行政は補助金などをちらつかせて、怒りを表明すれば済むかも知れないが
"山中伸弥"という人材をどう守るのか、という発想はないのか。
単に責めるだけなら、トップの所長を引責辞任へ追い込むだけ
そこから何も生まれない。

国は次の日本ハムの"大人の対応"例を参考にして、着地点を検討・模索して欲しいものだ。
責めるだけなら、アホにもできる。オマエは阿呆なのか!?!?
★FA宣言し中日移籍した大野奨太捕手の人的補償として岩瀬仁紀投手に白羽の矢を立てていたが…!!***2018/01/17(水)
http://yumenoyamemo.blog.fc2.com/blog-entry-246.html

流れがヤバくなったので、本家ブログへ全文転載で引越しする。
http://yumenoya.seesaa.net/article/456395102.html?1516687030

Yahoo!ジャパンのトップニュースにはまだ無いトランプのニュースをgooニュスでは伝えた

gooニュスのトップ
★政府閉鎖で民主党非難=就任1年の米大統領***goo(時事通信) 01月20日 23:34
https://news.goo.ne.jp/topstories/world/1189/0ba911946ceba41d075507f77fe31be0.html
(関連ニュース)
★<米政府機関>予算失効で4年ぶり閉鎖***goo(毎日新聞) 01月20日 19:14
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/world/mainichi-20180121k0000m030047000c
https://mainichi.jp/articles/20180121/k00/00m/030/047000c
「予算失効に伴い、数十万人の連邦職員が自宅待機を命じられるが、安全保障や社会保障給付、郵便、航空管制など幅広い部局が国民生活への影響が大きいとして原則、閉鎖対象から外される。ニューヨークの観光名所、自由の女神は閉鎖された」

今後、どんな部局のどんな部門に影響があるのかは、報道ではまだ不鮮明だ。

トランプ大統領って「CO2規制撤廃を発表」など行動が過激で無策に感じるから、
(産経ニュースでは「温室効果ガス排出量を制限する規制「クリーン・パワー・プラン」を撤廃すると正式発表」)
アメリカの大統領であるだけに、影響は計り知れず怖い。
理屈抜きで、とにかく発言だけでまず恐くなる。
予算という裏付けが無いと動けないのが政府の末端部門
いったいどうなるのか、どんな影響を及ぼすのか、が不安だ。

こうなると、まるで北朝鮮の誰々みたい

再度Yahoo!ジャパンのトップニュースを確認したらまだ無い。
「国際」コーナーを確認したら次の記事があった。
★<米政府機関閉鎖>トランプ氏、指導力不足を露呈***Yahoo!(毎日新聞)1/20(土) 21:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00000071-mai-n_ame
https://mainichi.jp/articles/20180121/k00/00m/030/093000c
「米軍は国内外で任務を継続するものの、訓練や装備品整備などが止まる可能性がある。航空管制システムや連邦刑務所、郵便局などは通常通り業務を続ける。一方で米メディアは、国務省のパスポート発給業務や米疾病対策センター(CDC)のインフルエンザ感染監視業務などが滞る可能性があるとしている。閉鎖が長期化した場合、連邦政府全体で約85万人が無給状態で自宅待機となり、経済への影響も懸念される。」
同じ毎日新聞の記事だがこちらはより具体的だ。
けれども途中からは会員ページとなっており、一定量以上の閲覧は有料となる。
(私は毎月一定量までの閲覧は無料の会員登録済みだが)
独自の"スクープ記事"ならば、有料も"とにもかくにも"だけど、
今回のトランプ氏についての記事はスクープじゃないだろう。
何故に有料の会員ページなのかと問いたい。
朝日新聞の記事でも何度か腹が立ったことがあったけど、
朝日新聞にはそれらりの独自性があったから我慢した…
が毎日新聞さん、この記事はどうなのでしょうかねー
独自のニュース・ソースがあっての記事だったのならば、"御免なさい"だけど…

(追記)
何が重要で何をトップニュースにするかの判定はYahoo!ジャパンが優れていると今まで思い込んでいました。
世の中にオールマイティは無いよねー

◎2018/1/19 電車内で赤ちゃん出産!! 感動的な誕生…

昨日1/19、Yahoo!ニュースでの第一報は次だったろうか!?!?
★乗客に励まされ...電車内で赤ちゃん出産***FNN(yahoo)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180119-00000420-fnn-soci

今日1/20の続報
★電車内で女児出産 乗客らが取り上げる JR柏駅***千葉日報(yahoo)1/20(土) 10:25配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00010000-chibatopi-l12
「車内に「おぎゃー」という声が響くと、拍手が起こり「良かったね」と言う人もいた」
★「発車しないで!」隣の女性が破水、ホームに出て叫んだ***朝日新聞2018年1月20日11時22分
https://www.asahi.com/articles/ASL1N02T3L1MUTIL079.html
「乗り合わせた最上都寿美(つづみ)さん(40)はとっさに対応し、車内で生まれた女の赤ちゃんを取り上げた。自らも5人の出産経験がある最上さんは「無我夢中で、勝手に体が動いていた」と振り返る」
「元看護助手だが、お産に立ち会ったことはない。「ここで生まれるんだ。なんとかしないといけない」。5人を産んだ経験が背中を押した」
次のページ

FC2Ad