夢の屋(北海道のネット古本屋=気まぐれメモ)

気ままで気まぐれなメモ帳です

考えさせる図書館への寄贈本、或る図書館「寄贈はベストセラーや新刊図書、郷土資料などに限る」と告知

★高梁市教委への寄贈本10年放置 1.6万冊、遺族要請を受け返還-山陽新聞デジタル 2017/3/5(日) 8:30配信
http://www.sanyonews.jp/article/496861
1万6千冊だと受けた教育委員会も唖然としたのでしょうね。
高野山大ならば、喜んでくれる蔵書もかなりありそうだけど、
どの図書館にも広さの限界はあるし、貸出用のための整理にかかるコストも半端じゃない…

2014年の記事(当時、読んだかも…)
★善意の寄贈本に苦慮する図書館 何が本当に必要か考えて-産経ニュース2014.10.29 09:30
http://www.sankei.com/life/news/141029/lif1410290006-n1.html
「コストもかかる。図書館の蔵書にする場合、本の表面にフィルムコーティングを施し、登録番号やバーコードのラベルを貼るなどの作業が必要だ。またタイトルや出版社、ページ数、分類などを記した目録データを合わせて購入することもあり、蔵書にするには、1冊あたり150~200円かかるという。常世田教授は、「新刊はそうした“装備”が施された上で専門業者から購入している。それに比べて寄贈本は図書館の負担が大きい」と指摘する。」
「兵庫県宝塚市の市立中央図書館では、ホームページで、「寄贈はベストセラーや新刊図書、郷土資料などに限る」と告知している。さらに、寄贈してほしい本として利用者からの予約の多い本のランキング表を掲載。」

<順天堂大チーム>サルも人間と同じ前頭葉で「判断」

★<順天堂大チーム>サルも記憶の確かさを判断 人と同じく-毎日新聞2017年2月25日 10時51分(最終更新 2月25日 12時46分)
http://mainichi.jp/articles/20170225/k00/00e/040/235000c
「答えに自信がある時ほど報酬がより多いピンクを選んでおり、チームは「サルは記憶が正しいか判断している」と結論付けた。

 さらに、記憶の確かさを判断している時は、大脳の「前頭葉」という領域の一部が活発に働いていることを、脳内の血流を調べる機能的磁気共鳴画像化装置(fMRI)から発見。薬剤で活動を抑えると、記憶を確認するテストの正解率こそ約6割と変わらないが、“賭け”についてはでたらめにやるようになった。 」

サルも人間と同じ前頭葉で「判断」しているようだ。

「マクドナルドの店舗で写真貼り出し」の件、オレなら怒る「オマエはオレの頼んだ注文、聴いていなかったのかよー!!」

詳しい状況が次の記事でやっと明らかになった。
★「単品って何だ!」「バカにしてるのか」 マックに顔写真晒された男の暴言内容-J-CASTニュース 2017/2/22 19:25
http://www.j-cast.com/2017/02/22291340.html?p=all
「客の男が2017年2月18日午後10時半ごろ、レジに並んでビッグマックを注文した。
「セットにしますか? 単品にしますか?」。アルバイトの男性店員が通常通り、こう男に聞くと、男は、急に怒り出した。」

私はマクドナルドへ行ったことは無い。モスバーガーにはお土産用を買いに行ったことがあるだけ。
もし私が 「セットにしますか? 単品にしますか?」と訊かれたら、ムカッとしてその店には絶対もう行きませんね。
それが店の常套句で店員の決まり口上だとしても、「オレの頼んだ欲しがっているモノだけを速く出してくれッ!!」が私の感想です。
行きつけの飲み屋で注文したら、「今日は何々のイイのが入りましたよ」と勧められたのと違う。
マックで一見の客である私に、店員から 「セットにしますか? 単品にしますか?」と確認されたら、オレは怒るよー
「オマエはオレの頼んだ注文、聴いていなかったのかよー!!」です。
客を舐めたマックの決まり口上、マックがそうだとは知っているので、だからマックには入りませんね。

マクドナルドという会社には、客をバカにしていることに気付く感性が欠如しています

あれっ!?「ムカッ」記事が連発でした。
お口直しに、良い記事を…
◎夭折した村山聖九段の師匠である将棋棋士・森信雄についての記事(Yahoo!ニュース)-気まぐれ何でもメモ帳(夢の屋/ゆめのや)2017年02月23日
http://yumenoya.seesaa.net/article/447280883.html

★ムカッとし気分の悪くなる記事「飼育のサル57頭を駆除 千葉の動物園」

「駆除」って、野生の動物が農作物などに大きな被害を与えたとか近くの住民を襲い困っている時などに、市町村が中心となって捕獲の檻を設置して捕殺処分するというイメージだった。
ところがこの記事は「千葉県富津市は20日、ニホンザルを飼育している高宕山(たかごやま)自然動物園(同市豊岡)で、164頭のうち、約3分の1の57頭が特定外来生物のアカゲザルとの交雑種であることが分かり、駆除したと発表した」というもの。
「同園はサルの動物園で、県から許可を得て、ニホンザルの一群を、檻(おり)の中で飼育している。アカゲザルやその交雑種は生態系に悪影響があるとして外来生物法の規制対象になっており、同園で飼うことは認められていない」
人間が運営していた自然動物園で、人間の管理に落ち度があったため、交雑が進んだもので、交雑種として誕生したことに、生まれたサルに何も罪は無い。自然界での交雑は極めて普通の事だと思う。
別に近くの農場の農作物に被害を与えた訳でも、近くの住民を襲った訳でも無いのに…「駆除」
猫や犬のように飼いたい人に譲るのも難しい。
色んなサル山も動物園もボス猿を中心とする社会が構築されているから、そこへ連れて行くこともできない。選択肢は何も浮かばない…
DNA検査で純血種以外は「駆除」、つまり「殺処分」
気分を悪くさせる記事です。サルだから、なおさら…
アカゲザルを持ち込んだのも人間、自然動物園を運営・管理していたのも人間
なのに……
★飼育のサル57頭を駆除 千葉の動物園、交雑種と判明で-朝日新聞デジタル 2/20(月) 21:46配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000068-asahi-soci
http://digital.asahi.com/articles/ASK2N4TC7K2NUDCB012.html
---------------------------------------------------------------
《追記3/17》
★保護されるサルと殺されるサル 交雑種57頭はなぜ殺されたのか***THE PAGE 2017.03.16 18:30
https://thepage.jp/detail/20170315-00000002-wordleaf

全米で16日、ストライキ「移民のいない日」が実施、飲食店などが一斉に休業

★「移民のいない日」全米で飲食店一斉休業、トランプ氏政策に抗議(写真11枚)-AFPBB News/2017年02月17日 10:53 発信地:ワシントンD.C./米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3118160
「抗議運動の狙いは、米経済において移民がいかに重要な存在なのかを示すことだ。飲食業界では被雇用者の大半を低賃金で働く移民が占めている。

 休業した飲食店の中には、移民の従業員への連帯を示して休業した店もあれば、出勤した従業員が少なすぎて営業できなかった店もあった。

 ストは飲食業界にとどまらず、ニューヨーク(New York)からロサンゼルス(Los Angeles)まで、全米各地で移民たちが出勤を拒否して自宅にとどまり、子どもに学校を休ませる家庭も続出。」
「移民のいない日」-1
(一枚目画像の休業店舗)
NICKEL DINER IS CLOSED
We are all immigrants

NICKEL DINERは休業中
私たちは、みんな移民です
前のページ 次のページ

FC2Ad